2007年03月09日

日々の雑感シリーズ032

強き奴胸反り来れば蒼ざめて 黒も白とすやからを憂う

雑感:僕だって人である。訳も告げられず軽んじられた。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」なのにさ!哀!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月08日

日々の雑感シリーズ031

気弱くて朝風呂入れば天見れず 憧れ想う小原庄助

雑感:風呂日の明日出かけるため、今日の午前中風呂に入れて貰った。皆働いてる時間での入浴だ。気おくれしてしまう。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月07日

日々の雑感シリーズ030

胃瘻ボン!栓の風船胃で破裂 行くぜ!病院おんも春満ち

雑感:胃瘻落下防止で胃の中で膨らませている風船が、破裂した。外は春、いそいそと病院へ。浮かれてズボンもはかず。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月06日

日々の雑感シリーズ029

薄毛撫で挑む撮影終わったら 寂しさ秋似髪ハラハラリ

雑感:BS-Jの撮影が終わった。クルーが来る日は楽しかっただけに、寂しさを感じる。秋、髪とサヨナラする様にも似た。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月05日

日々の雑感シリーズ028

君色に明日の空塗れ 嵐去り晴れ行く空生む虹のごと

雑感:人生晴れの日ばかりではない。でも、いつか晴れると信じ自分らしく行け!と、娘の卒業にあたり自分に説教した。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月04日

日々の雑感シリーズ027

夢・彼女ゆるりと寄れば微笑まん 血まなこ追えば去られて唖然

雑感:営業時代の名残りで、焦り結論を見たがる癖がある。たいてい失敗を見る。肝心なのは夢を諦めないことであろう。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月03日

日々の雑感シリーズ026

誤字で名がチラシに載ったでも喜喜喜(ききき)! 無名の爺がタレント前に

雑感:誤字ではあったが、講演のチラシに名前が載った。しかも有名人の前に。誰かと勘違いされてやしないか?不安だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月02日

日々の雑感シリーズ025

講演に天変地異か妻が来る 俺をだしにしタレント見んと

雑感:何年かぶりに妻が私の講演を見に来る!喜。だが後から来たメールに、「ゲスト見たいから」と書いてあった!寂。

posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月01日

日々の雑感シリーズ024

コピー良き迷惑メール開けそうぞ はまる寸前意志か弱く〜

雑感:迷惑メールが日に何十通も来る。ウィルスが怖くて消す。もし毛生え薬を、タイトルとするものが来たら…開ける。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月24日

日々の雑感シリーズ020

機器不良・頭痛・腰痛越えゆけば 行く手の友の笑み癒しくれ

雑感:名古屋の友人が開いたイベントで、講演をした。車椅子の不良で体調は悪かったのだが、素晴らしき一日であった。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月23日

日々の雑感シリーズ019

新曲の・旋律・音色(ねいろ)松越えん 我綴りし詞「嗚呼!」腐れ梅

雑感:九州の音楽仲間と、新曲を作った。メロディーとアレンジは素晴らしいのに、我が詞ときたら、…嗚呼!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月22日

日々の雑感シリーズ018

千キロも彼方の友と曲作り だが魂の距離ゼロ嬉し

雑感:鹿児島と福岡の友人らと、3年半前より曲作りをしている。皆、才能がある。だが、才なき僕を見下さない。感謝!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月21日

日々の雑感シリーズ017

パソコンの非常燈点くその恐怖 リストラ時期に寝込むのにも似

雑感:パソコンの警告ランプが、突然点いた。データが消えるかと焦った。先行きの見えぬ恐怖は、どこにもあるものだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月20日

日々の雑感シリーズ016

嗚呼安堵!無いと思った写真有り これぞかたりべ我が足跡の

雑感:撮られた記憶が無い、外人と食事をしている写真があった。孫に、「英語が喋れた」と言える!レベル言わぬが。

posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月19日

日々の雑感シリーズ015

禿げ隠しめとった妻は「似合うじゃん!」 されど気にするこの性悲し

雑感:蜜柑エキスの発毛剤を使っている。生えた!と、言い聞かせながら。妻は、「禿げ似合うね」と言ってくれている。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月18日

日々の雑感シリーズ014

汗かけば蚤の大海泳ぐ人 痒みの波にもがき苦しみ

雑感:室温を上げすぎ、深夜大汗をかき痒くなる。当然かけず眠れず。あ〜ぁ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月17日

日々の雑感シリーズ013

音楽がたぎらせくれる生きる覇気 ゆえ創る永久(とわ)燃え生きるため

雑感:記録映画監督さんが、私どもの音楽を「執筆中に聴いている」とのメールをくれた。その嬉しさを短歌にした。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月16日

日々の雑感シリーズ012

娘(こ)が帰り辺り翳(かげ)った寂しさで 涙しとしと頬ぬらす午後

雑感:春、被服の道に進む娘が来た。夢は、デザイナー。青春が輝いていた。私は禿げた頭皮しか光らない…。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月15日

日々の雑感シリーズ011

他人(ひと)の道気にしちゃ駄目だ僕は僕 僕らしき道行き幸を得ん

雑感:負けず嫌いの僕は、他人のやることが気になる。他人は他人なのに。小心者である。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月14日

日々の雑感シリーズ010

チョコの日は涙がはらり 他人(ひと)のため妻子こさえたチョコ拝み観て

雑感:バレンタインデーに妻子から、何ももらえくなってから何年?忘れた…フ〜。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月13日

日々の雑感シリーズ009

治らない病ネタにし講演す 悲劇が幸のこの道にキス

雑感:講演を始めて四年半、三十回以上した。聴衆三人〜千人。緊張と、する喜びはいつも変わらず!病気なり得。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月12日

日々の雑感シリーズ008

四肢麻痺観(み)つらいだろうと泣く方に 舌出し楽と告げるは愉快

雑感:寝たきり人生、以外に楽しい!「なれば」と、勧めはしないが。信じられない?じゃ、試しにどう?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月11日

日々の雑感シリーズ007

苺刈り行くと嬉々とす妻見泣く 「誘え義理でも行けぬが夫」

雑感:友人家族と娘及び彼氏そして妻は、苺刈りに行く。置いてけぼり亭主、抗議の一首!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月10日

日々の雑感シリーズ006

スピーチをするだけなのに好企画 燃えて口出し過ぎて猛省

雑感:3/9、あるイベントでスピーチをする。これがいい企画。思わずでしゃばる。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月09日

日々の雑感シリーズ005

顔のしわ過去物語る 病なり消えても刻め挫けず生きて

雑感:ALSによるコラーゲン過多で皺が消え、センサーが反応せずパソコン打てず。一文字に全力。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月08日

日々の雑感シリーズ004

若者のミスに湯気だし大文句 若さに嫉妬がそこにチラッ

雑感:若者には年輩者の務めとよく叱る。でも余計なお世話かな?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月07日

日々の雑感シリーズ003

飯食いに仕事無視して行く度胸ありゃ今社長? 試さず無念!

雑感:休憩だからと中途で仕事を人に託し、権利を守った方に“俺には無理”と本気で尊敬!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月06日

日々の雑感シリーズ002

年金のずさんな管理簿記五級? とぼけの技(わざ)はさすが特級?

雑感:年金管理のずさんさは、障害者年金暮らしの私でさえ嫌味を言ってしまう。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月05日

日々の雑感シリーズ001

失言に噛みつく野党観(み)落涙 苛めの手本示すな子らに

雑感:失言には反省を求めたいが、揚げ足取りはいかがなものだろう?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年02月03日

ALSと言われU

病なり散る時期言われ落涙す 「人生の花未だ蕾(つぼみ)」と

夢で四肢麻痺して辛く目ざめても 辛苦そのまま病の麻痺で
posted by YF at 12:06 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。