2007年04月08日

日々の雑感シリーズ062

ミス云うがニューの仕事ぞ ボヤで消せねば絞首刑 首切られポイ

雑感:私がニュー=新人の頃父に「良い事悪い事全て上司に報告せよ」と習った。報告してあればミスしても生き抜ける。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月07日

日々の雑感シリーズ061

目的は「何のためだと?」・問い・立てる 生きるためにゃ飯食うベ!ソレヨ!!

雑感:若い人の為目的の立て方を書いてはみたが…。全ての物事にはする狙いがある。国を良くする為政治家になる等だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(5) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月06日

日々の雑感シリーズ060

“我輩遅咲きなれば”と胸張れど 咲く気配なし即猫背にす

雑感:名古屋の友人に凄い若者を紹介してもらった。今の私では敵わない。と言うか永遠敵わない。まぁ、マイペースね!
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月05日

日々の雑感シリーズ059

人生の種はまかれた今日に娘(こ)よ 風耐え咲かせ君色の花

雑感:娘が入った大学の入学式があった。全ての面が厳しいと聞く。この駄目親父なら出られない。小声で・負けるなー!
posted by YF at 00:00 | コメント(7) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月04日

日々の雑感シリーズ058

春に雪!地球(ほし)のもがきと気がつけど 治癒の術なし我が身の如く

雑感:温暖化による地球の悲鳴は目に見える形となって私達に迫って来ている。なのに暖房を30度にする私は…。赤面!
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月03日

日々の雑感シリーズ057

一面見 人決めるのは子等がせん 大人なら見よ!人の百面

雑感:勿論影響の大小はあるが一つの出来事や一人の人の言葉が他人の生き方を変えられるのか?否!それの積み重ねだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(5) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月02日

日々の雑感シリーズ056

春望む心の田には幸稔り 望まぬ心凍てつき哀し

雑感:春とはこの場合、他人への愛しみかもしれない。私の周りのかたは皆この春を持っている。尊敬の念に駆られ綴る。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月01日

日々の雑感シリーズ055

車で娘(こ)速度全速 親父事故聴くたび脈加速ドクドドド

雑感:妻の遺伝子から気が強くなった娘が免許を取った。そう言えば妻は超方向音痴だ。それも継いでたら!?超心配だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(8) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月31日

日々の雑感シリーズ054

入院す友のメールに笑み読めて 頬が濡れ行く青空なのに

雑感:入院がちなイランの友がメールをくれた。彼もALS。一時帰宅したと言う。良かった!永久に元気でいて欲しい。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月30日

日々の雑感シリーズ053

言えばやる姿勢憧れ大言しつまずき悔し 今は夢秘め

雑感:昨年は数々の病気から生きているうちにとの思いが強く各所で歪みをきたした。今は胸にある夢に向い一歩づつだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月29日

日々の雑感シリーズ052

皮ジャンでロッカーぶるも「アベ・マリア」聴いて泣く様おはげの少女

雑感:クラシックも好きだ。これはピアノ教師をしている姉の影響。姉が好きな私は今でも“おねえちゃま”と呼ぶ。嘘?
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月28日

日々の雑感シリーズ051

春靄(もや)は別れで流す涙かな 送る人の背溶け消え悲し

雑感:涙もろい私はすぐ泣く。それを若いケアマンに見られてしまった!笑っていた。弱味を握られた。鬼より恐い私の。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月27日

日々の雑感シリーズ050

美女ケアと旅する夢見慌て起き フォトの妻子に無意識侘びん

雑感:この夢、絶対やましくない!ケアスタッフとミラノに行った時の、延長の夢だ。なのに気弱な私は妻子の写真に…。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月26日

日々の雑感シリーズ049

人生は苦の日幸の日繰り返す 幸の日笑みし星になりたし

雑感:生きるのは理屈ではなく人間の自然な行為だ。ゆえ、懸命に生きよ!その結果、私の人生幸せだったと言えるから!
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月25日

日々の雑感シリーズ048

BSが映らぬ部屋の侘びしさは 昭和脱せぬ親爺の哀れ

雑感:昔ジーンズにアイロンをあてた程の化石人間だ。BS設備など無い。夜自分が出るBSTVが観られない。眠るべ!
posted by YF at 00:00 | コメント(6) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月24日

日々の雑感シリーズ047

上智大日雇う俺に教諭格 元落ちこぼれくすぐったし〜

雑感:来月上智大で一時間だけ講義をする。来た書類には事務処理上教諭とあった。クラスびりだった事は内緒にしよう。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月23日

日々の雑感シリーズ046

愚者・態度・言葉剣とし人えぐる 賢者それ見泣く愚者獣(けもの)と

雑感:これは短歌ではない。また勿論愚者が私である。すぐ短気を起す自身への戒めだ。でもまた書いただけになるな〜。
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月22日

日々の雑感シリーズ045

耳に毛が!と言われた俺歳が歳 諦めついで洒落で伸ばすか?

雑感:耳毛が生えてきた。ショックだ。伸ばしてもカッコが悪い。そう言えば記憶力も悪い。あっ!これは生まれつきだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月21日

日々の雑感シリーズ044

ラブソング「耳にくちづけ」よくぞ書く わしなら気負えど「文通」 固た!

雑感:憧れの人を、ただ見つめているだけだった。恋愛経験殆ど無し!愛を詞にすると、まるでハウツーのパクリだ。苦。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月20日

日々の雑感シリーズ043

愚妻出た高校の子“理路整然!” ルーツぞ凄し弁立つ妻の

雑感:『相手を理解し共に支えあい生きて行くことがボランティアの精神である』とは妻の後輩諸君の弁。腰を抜かした。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月19日

日々の雑感シリーズ042

パソコンのデータ殺したドジ踏んだ! 懲りない気質塀向き?泣きそ

雑感:操作を誤り、アドレスのデータを消した。2回め!懲りていない。もう修復は無理だ。この顔…性格のように。涙。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月18日

日々の雑感シリーズ041

友来たる!目さえ動かぬ麻痺の身で 彼の分も“する”と目燃やさん

雑感:同年代で私より後にALSを発病した友人が、久し振りに寄ってくれた。驚いた。全て動かない。彼の分もやろう。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月17日

日々の雑感シリーズ040

髭と髪剃って生臭消さんとしたがまだ臭う 胸毛も剃らん

雑感:中身が無いのに形にはこだわる私。いっそ開き直りちょい悪親爺目指そうか?でも私の場合は激頭悪親爺か?トホ。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月16日

日々の雑感シリーズ039

親の山なだらか他人(ひと)の岩有り けわしきを越え未知を解け 娘(こ)よ

雑感:≪親は尊敬するものではなく、乗り越えるものだ≫と友人に教わった。凄い!娘に軽く越えられるであろう私赤面。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月15日

日々の雑感シリーズ038

昼と夜絶えず浴び聴く音楽は 心の垢を流すシャワーか?

雑感:創る才能は無いが浴びる程聴く音楽。一日八時間は聴いている。ALSにならなかったら、得られなかった幸せだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月14日

日々の雑感シリーズ037

髪と髭落としワクワク鏡見りゃ 怪奇!油漬けのメガネ蛸

雑感:坊主にし髭もそった。鏡にはまるで、妖怪でも見るかの如く脅え切った眼で僕を見つめる脂ぎった蛸が住んでいた。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月13日

日々の雑感シリーズ036

人死すにこだわるなかれ不変だが 忘れたふりし若さ逃すな

雑感:叔父が逝った。もう1人の叔父も危険。歳を感じた。でもいけない。ちっぽけながら志がある。負けていられない。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月12日

日々の雑感シリーズ035

背伸びして受けた評価を維持せんとすれば血まなこ 身の丈楽し

雑感:赤目を指摘された。根を詰めすぎた。バンド『あるけー』に私の歌詞『ただゆっくりと』を歌って貰っているのに。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月11日

日々の雑感シリーズ034

髪伸ばしレノン気取れど陰で我があだ名落武者 まさにでワハハ!

雑感:ジョンレノンを気取って伸ばした髪だが、他人に言わせればまげをはねられた落武者らしい。確かに!もう切ろう。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年03月10日

日々の雑感シリーズ033

・人・ダイヤ磨けば光ると言う俺若僧五十磨きがいあり

雑感:今年で五十歳になるが、人工呼吸器のトラブルさえなければまだまだいける!今は石ころだがいつかダイヤにが夢。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。