2007年05月06日

上司の小言

小言浴び心も沈む悪しき日は 良き日想いて気分浮かさん

小言雨降らされ心濡れた日は 気をも晴れさす君の笑み見ん

上役の小言の津波寄せ来たら 志(し)を高くせんさらば溺れず
posted by YF at 14:24 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

日々の雑感シリーズ090

腹痛に耐え書く詩(うた)に命満ち 苦境に勝てた自信も満ちん

雑感:と言うこともあり来月の立正大学での講演も自信を持ってやれそうだが、ボランティアが見つかるだろうか?不安!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年05月05日

日々の雑感シリーズ089

千里眼あれば便利も無き者はじっと見渡しチャンス逃さじ!

雑感:難病友達二人とビジネスプランを立てている。営業の時企画販売で年6億円を売った。今あの日を思い出し楽しい!
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年05月04日

雑草と花を人に見立て

道端の名も無き草に我学ぶ 踏まれ寝つくも根づく必死さ

花のごと名のる地位無き雑草も 生き行く価値を必死に見せん

美しき花も枯れればただの草 その価値差無し世の花や草
posted by YF at 08:12 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

日々の雑感シリーズ088

我の苦をうれい涙す友星に見立てて感謝空に飛ばす夜(よ)

雑感:夜中の3時半難病の友からメールが来た。短いながら思いやりが満ち満ちたメールであった。私は本当に幸せ者だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年05月03日

入院とは

顔ケアの画(え)での解説ゆでた蛸 似てて笑われ癪で寝たふり

腹痛(ふくつう)を防ぐ点滴激痛す!抜けばはらいた迷い究極

午後九時でテレビも観れぬ病牢の 楽しみ出る日夢で見るだけ

三食ミルクの身なのに治癒の為 それ断ちひもじ人食う夢見!

血管が萎縮血を採る針刺せず 苛立つナース恐くて見れず
posted by YF at 08:26 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

日々の雑感シリーズ087

暑き日に冷房よりも風鈴と 和欲す変化(へんげ)に目が白黒

雑感:専門商社にいた時分は外国かぶれであった。今は耳でも四季や土地を感じられる日本が大好きだ。沖縄に行きたい。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年05月02日

4/18入院顛末

油断から胆石刺激激痛で狂乱すれば浮かぶ我見え

気絶した痛みに満ちた潮引けて この間(ま)医者へと船乗る舩後

医師告げん入院だ命沈むぞ!哀れボロ船舩後ドックへ
posted by YF at 09:01 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

日々の雑感シリーズ086

爪に春描(か)いて貰えば花の舞観れぬも感じ笑みぞ満開

雑感:入院したりで花見にも行けなかった私のために施設の看護士さん達が春の様子をネールアートしてくれた。嬉しい。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年05月01日

日々の雑感シリーズ085

決めた意志ダイヤモンドのごと硬し 覆すなら我ノミで割れ!

雑感:人は悩みこそすれ一度決めたらそれを目指すのが理想だ。諸々で頓挫したら0からやり直すだけ。生きている限り。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月30日

日々の雑感シリーズ084

疲れても笑みを絶やさず接客す妻いたわれぬ麻痺に泣き暮れ

雑感:妻は新店舗責任者として3時間位しか寝ずGW中も働く。昔なら迎に行ったが今の麻痺の身では叶わない。すまん!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月29日

日々の雑感シリーズ083

失敗は夢に近づく標(しるべ)かな あるほど楽ぞ道に迷わず

雑感:失敗は経験となり自分の辿るべき道を誤らせなくする。私も随分と失敗をしてきた。後は成功あるのみだと信じる。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月28日

日々の雑感シリーズ083

夕立来(き)母が帰れず雨宿り 雷鳴恐(こわ)しされど嬉しき

雑感:雨雨降れ降れと唄いながら雨の中母と手をつなぎ歩いた日を懐かしみながら、私の部屋で雨宿りする母を見て詠う。
posted by YF at 00:00 | コメント(6) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月27日

日々の雑感シリーズ082

北風が春の木々よけ身えぐらん さらされるのみ麻痺の身に泣く

雑感:失敗!私は施設と言う春爛漫な地で過ごしているため世間にはありきたりにある冷たき風を忘れていた。耐え行く。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月26日

日々の雑感シリーズ080

薬かけ「毛よ生えろ!」でも芽吹かず 夢稔らすはゆるり焦らず

雑感:BS放送でご覧になった方もおられるとは思うが私は毛生え薬を使っている。まぁなかなか生えてこない。夢は遅!
posted by YF at 00:00 | コメント(5) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月25日

日々の雑感シリーズ079

病室で寝たきり尻を剥くしかし 痛手無し 無駄にした時より

雑感:退院をした。入院中は、センサーの調子が悪く簡単なメールしか書けず。今日から患者友達が入院をする。心配だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月24日

日々の雑感シリーズ078

「点滴だけで腹減った?」「餓鬼化して世の様飢えた」「飯より職か!?」

雑感:人は欲望の動物だ。でも、その欲にも優先順位はある。点滴だけの空腹ではあったが講演をした。私は食より職だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月23日

日々の雑感シリーズ077

血が「良し!」と言えば娑婆「駄目!」は病牢 不安から血に「出せ!」と請う朝

雑感:今朝の血液検査が良ければ明日で退院。病院では何も出来ない。祈るような気分で先生が来るのを待っ…あっ来た!
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月22日

日々の雑感シリーズ076

良いものはシンプルなんて近視眼!蕎麦より飴の子が言う台詞

雑感:良いものはシンプルなんて一方的だ!これはクラシックや哲学などへの冒涜では?言われてから一年後の反論。弱!
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月21日

日々の雑感シリーズ075

パイのごと笑い重ねた講義出来 我が役笑みのコックとワハハ

雑感:300人の聴講生が笑ってくれた上智大学での講義が終わった。大成功であった。この感動を忘れては、道を外す。
posted by YF at 00:00 | コメント(5) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月20日

日々の雑感シリーズ074

飢えに耐え絶食入院今日のため 点滴飯にいざ講義 ふら〜

雑感:ストレス?が胆石刺激水曜から入院。栄養剤を入れられぬ苦しい入院になるのは…。でも講演に行けるならと入牢。
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月19日

お休み

持病を再発、入院しておりました。ゆえ、今回病に耐えうなされ書いた火水木(071〜073)の『日々の雑感シリーズ』は、お読み頂けるようなものに仕上がりませんでしたので掲載致しません。
お許し下さい。
では、これからも舩後の『日々の雑感シリーズ』、どうか宜しくお願いします。【舩後】
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月16日

日々の雑感シリーズ070

企画案立ててはみたがボロ布か?穴有り!恥じてそこに入(い)りたし

雑感:ある物の販売案を立て専門家に見て貰った。穴だらけだった。時計宝飾業界18年の経験は何だっただんべ〜。涙。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月15日

日々の雑感シリーズ069

下痢し水だけ顔痩せす 友が言う「表情良い!」と 毒を得にす

雑感:3週間腹の調子が悪い。栄養剤を日に700iにした。痩せた。友人に「表情が良くなった」と言われて元気に〜!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月14日

日々の雑感シリーズ068

大空を布に見立てて夢描けば 神もホホホと我が夢メモす

雑感:夢は公言した方が良い。笑われても。協力者が得られない。私は本を売り納税者になりたいので記事にして貰った。

毎日新聞千葉版記事

ALS:会社員当時発症、自らの存在意義見いだし 舩後さん、半生を単行本に /千葉

 ◇いつか、笑える日が来る

 ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)患者で千葉市美浜区の舩後靖彦さん(49)の半生をまとめた単行本が年末に出版されることになった。会社員当時に病気を告知され、いったんは絶望したが、同じALS患者を支えるピアサポートに生きがいを見いだした経緯などが記される。知人の勧めで始めた短歌も紹介される。【山本太一】

 本の仮題は「沈黙の歌人 舩後靖彦」。小学館から出版され、約200ページの予定。舩後さんが半生を振り返った自分史や制作した短歌をはじめ、介護者や主治医、友人らの文章を載せるという。

 ALSは脳や五感にほとんど障害はでないが、次第に全身の筋肉が萎縮していく難病。舩後さんは商社マンだった99年に発症した。当初、ペットボトルの栓を開けられないなど症状が出たが、家族や友人にも打ち明けられずに一人で悩みを抱え込んだ。翌00年の告知直後は引きこもりがちになり、「死を望んだ」と振り返る。

 転機は、主治医の勧めで他のALS患者さんを精神的に支えるピアサポートに取り組んだこと。自らの存在意義を見いだして、前向きに生きることができるようになったという。

 人工呼吸器をつけ、03年から詩の制作や講演活動で活躍。また、05年秋から知人の作家の勧めで短歌も作り始めた。日々、寝たきりのベッドの上でわずかに動く額でパソコンを操作して文字を刻んでいる。

 舩後さんは「どんなに絶望的な状況になっても、いつか笑える日が来るというメッセージを伝えたい。難病患者だけでなく、さまざまな悩みを抱える方の励ましになれば」と話している。

毎日新聞 2007年4月12日
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月13日

日々の雑感シリーズ067

金髪でお通夜行く娘(こ)に駄目親父「その毛燈篭?」心で皮肉

雑感:叔父の通夜に私と妻に代り金髪の娘が行く。落せと言えない。実は生まれつきの赤毛。落しても五十歩百歩。でも〜
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月12日

日々の雑感シリーズ066

二胡の音のせつなさシンセじゃ出ぬ味 我が詞アホ味のせるは無礼?

雑感:中国の楽器二胡をフューチャーした新曲が完成した。歌詞はへぼでも曲は力作!『舩後流歌詞』へ音源掲載予定だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月11日

日々の雑感シリーズ065

ライバルに自決覚悟で挑み負け そ知らぬ顔で次勝ちゃ偉大

雑感:何事にも失敗はある。責任は、次の成功で取れるから心配ない。と、自分に言い聞かせ続けた若き日。懐かしい〜!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月10日

日々の雑感シリーズ064

悲しみは人の痛みを知る時と 叔父死し諭す我に 学ばん

雑感:母の弟が死んだ。東大から上場会社英主席駐在員を経て別会社の社長に。格は違うが会社員として目標にしていた。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年04月09日

日々の雑感シリーズ063

・叔父危篤・友が当選「羽根あらん!飛んでゆきたや」麻痺の身見つめ

雑感:昨日午後叔父が危険になる。未明親友の県議が再選果たす。行けるものなら…。頬濡れる切なき夜もあるものだ…。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。