2007年07月15日

日々の雑感シリーズ159

裁縫の課題苦しむ娘(こ)の横でいびきかく妻「やれる!」とムニャリ

雑感:今、裁縫で夜なべするのは母親ではなく、娘のような被服学校の生徒らしい。金髪で針仕事!実にシュールである。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月14日

日々の雑感シリーズ158

雨打つは水面(みなも)漂う蓮太鼓 たたたに合わせアメンボ踊れ

雑感:18年間、上野の不忍池沿いで働いた。会社の9階から見た梅雨時の池は霞んで詩的であった。雨の日に懐かしむ。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月13日

日々の雑感シリーズ157

萌え咲きて命を示す花のごと 夢よ叶えと友と燃えゆく

雑感:今日友人から未知なる事への挑戦の心構えが綴られたメールを貰った。心から素晴らしいと思った。エールの一首!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月12日

日々の雑感シリーズ156

パソコンにエールをくれた友に礼 書く前キスを画面へ飛ばす

雑感:今週もエールを頂けた。が、病気の進行からパソコンの打ち込みが困難な日があり礼さえメール出来ず。お許しを。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月11日

日々の雑感シリーズ156

愛の弾君の空へと打った夜(よ)に 花火見たなら僕の魂(たま)だよ

雑感:夏になると水戸の伯母の所でした花火と大伯母が作ってくれた西瓜の提灯を思い出す。大伯母は故深作監督の母親。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月10日

日々の雑感シリーズ155

勉学は呆けぬためとか言う俺は 文字で居眠る生来の呆け

雑感:麻痺のため読み書きが出来ない私の勉強は聴く見るが中心だ。仕事で使っていた英語をやり直し英語短歌でも等と…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月09日

日々の雑感シリーズ154

「苦労した!花咲かすため」「偉い!だが 花愛でるのは黙し咲くから」

雑感:テレビで見た政治家が我こそ正義と相手を攻めていた。日本の伝統美学“謙虚”はどこへ行ってしまうのであろう?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月08日

日々の雑感シリーズ153

『ダントツ!』と題する妻のメールには“変”と一文字 じっと鏡を

雑感:確かに私は変人と言われる事がある。でも自分ではいたって…いややはり短気かな?…短気?と言うより常軌を逸…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月07日

日々の雑感シリーズ152

母来れば心は晴れた夏の空去れば広がる涙降る空

雑感:母に喉の薬を頼んだ。痛みが和らぐ。施設は病院とは違い具合が悪い時は自分で対応する場合がある。知恵がつく!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月06日

日々の雑感シリーズ151

蚊を潰し幼子は学ぶ生きるとはまさに戦い血を吐くような

雑感:今日は扁桃腺が激しく痛み寝られず。加湿器を点けたり寝方や寝る時間を変えたりして痛みと戦った。己が頼りだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月05日

日々の雑感シリーズ150

麻痺で外出られぬ我の微笑みは 夏感じ咲く朝顔のごと

雑感:私は、夏が近づくほど浮れる。浮れついでに別の企画の歌詞を書いた。いづれ『舩後流歌詞』のブログで紹介する。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月04日

日々の雑感シリーズ149

顔知らぬ人と作った歌なれど 聴くほど彼の笑顔浮ぶ夜(よ)

雑感:ライブのテーマ曲『夏祭り君と』が来た。繰返し繰返し聴いた。どんな評価をされるかは未知だが、私は大好きだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月03日

日々の雑感シリーズ148

来る手紙来ぬ日の心 憧れの君を見られぬ日に似て 雨

雑感:博多の音楽仲間からライブテーマ曲『夏祭り君と』のアレンジが仕上がったとの連絡があった。今日は来ず落込む。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月02日

日々の雑感シリーズ147

鳩に代え飛ばすメールに色あれば未来は空を永久(とわ)と見られず

雑感:見えぬけどきっと電波で空は覆われていることだろう。勿論放射能よりは良い。でもどうせなら音楽で覆いたいね!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月01日

日々の雑感シリーズ146

高き夢届かぬのなら低き夢次々叶え積んで山とす

雑感:特定の方にお送りしたものだが、自分でも気に入っている。コツコツとやって来て五十年。舩後もおだてりゃ木に…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月30日

日々の雑感シリーズ145

釣り人は“釣られぬ”魚(うお)にファイト(英:戦い)する 釣りせぬ俺は夢へとファイト!(英:頑張れ)

雑感:妻に出会ってから十七年後結婚と言う形でゴール。私は性格がしつこい。実はまだミュージシャンになりたいと…!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月29日

日々の雑感シリーズ144

物食えぬ病になれど蕎麦恋し 初夏にのどごし唾でまかなう

雑感:口から食べなくなって五年たつのに味は忘れないものだ。名古屋で会社を経営している親友に相談し何か企画でも?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月28日

日々の雑感シリーズ143

癌越えた君の微笑みまぶしくて 闇さえつられ光に転ず

雑感:癌になった親友が生還。病院が驚くほど元気。母は強し!ソフィアから大手出版社に入った頃はきゃしゃだった君。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月27日

日々の雑感シリーズ142

柄好きなアロハ褒められ「何処良い?」と訊けば「手触り!」いっそおむつに

雑感:施設の家族会が主催した沖縄ツアーが今日実施された。私は風呂で沖縄気分を味わった。何て、これは負け惜しみ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月26日

日々の雑感シリーズ141

闇溶かす朝陽来ること信ずれば 行けぬ路無し今は迷えど

雑感:これも特定の方に送らせて貰ったものだが、自分が信じたいと思っている事でもある。明日はお笑的なものを書く。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月25日

日々の雑感シリーズ140

金髪の娘の言葉意味不明 可憐な花は観るだけで良し

雑感:目も醒めるような金髪にした娘が来た。学校(ファッション)ではそれで当たり前との事。私もやりたくなってきた!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月24日

日々の雑感シリーズ139

五時起きを自慢してたが「歳だね!」と言われ心は今日の梅雨空

雑感:今日見た夢は仕事に追われると言った内容であったので、ついでとばかりに夏のライブの案内をメールしまくった。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月23日

日々の雑感シリーズ138

ドリーマー夢追うことが生き甲斐に!麻痺なりそんな幸得てニヤリ!

雑感:尊敬させて頂いている女性(後輩のお母様)の方より是非叶えたいと願っている夢の実現へのヒントを頂けた。幸せだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月22日

日々の雑感シリーズ137

麻痺の我育ったこの地海近し 潮が香ればまぶたにあの日

雑感:私はJR稲毛海岸駅周辺に住んで四十年になる。住み始めた十歳の頃は家から海まで徒歩五分であった。懐かしい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月21日

日々の雑感シリーズ136

流れ行く我似の雲にエール詰め 彼方見つめて君へと祈る

雑感:特定の方に向けに書かせて頂いたものだが自分で気に入ってしまった。今日私は講演をする。自分へのエールかな?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月20日

日々の雑感シリーズ135

暑き夜は砂漠行く夢楽しまん 行けぬ痺者の一夜の浪漫

雑感:私は真夜中の印度を一人バスに揺られ旅したことがある。その時観た月明りに浮ぶ宮殿の幻想的姿を今も想い出す。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月19日

日々の雑感シリーズ134

友が癌取るオペ日我講演日 互いにエールその日は空へ

雑感:偶然にも私の講演の日と親友の手術の日が同じであった。お互いに成功を祈り合う約束をした。その日は空を仰ぐ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月18日

日々の雑感シリーズ133

“ミス”恐れテレコ(テープレコーダーの略)いじらぬ姉に我 「癌ならね内悩むか姉は?」

雑感:人の抱く恐怖心は現実にはなかなか起こらない様な事に向けられている場合が殆どである。と、ある本から学んだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月17日

日々の雑感シリーズ132

来ぬ娘(こ)待ち気づけば外は暗き闇 ふられた我の心のような

雑感:青春の真っ只中にいる娘が父の日だからとは言え来る筈は無い。強がりかもしれないが元気ならそれでいいと思う。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年06月16日

日々の雑感シリーズ131

夏ライブ 手話の歌声眼で聴けばつられてあ者の我でも歌う

雑感:私の夏ライブのテーマ曲をろうの方に手話で歌って頂く為の作業をしている。是非皆さんも眼で聴きに来て下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。