2007年08月14日

日々の雑感シリーズ189

客迎え自慢の原稿読んだなら お褒め頂き読むは読むはで

雑感:筋ジストロフィー患者の療養研究をしている大学院生に、私の講演原稿を聴かせた。私のような小者でいいのかな?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月13日

日々の雑感シリーズ188

課題山 夜なべの日々の夏を娘(こ)よ 旅し忘れよ父も忘れて

雑感:昨日、妻子が待望のハワイへ行った。本当に娘の学校は厳しい。目的もなく入ったならば、かなりきつい!楽しめ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月12日

日々の雑感シリーズ187

国語力低下す子らを嘆く前 勉強せねば我が嘆かれ

雑感:確かに最近若者に字の意味を教える事があるのだが、それは私が年を取っただけであろう。俺よ、おごる事なかれ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月11日

日々の雑感シリーズ186

病押し白球握る球児みて 唖者を忘れて声張り上げる

雑感:色々なことをやりながらだが、甲子園を観た。本当に感動がある。涙が出る。自分の知らない青春がそこにはある。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月10日

日々の雑感シリーズ185

秋来いと歌う鈴虫無視をして夏よ去るなの祭りは続く

雑感:施設の祭りがあった。用に追われていた私は出なかったが、昨年より時間が短かったらしい。来年はやらないの…?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月09日

日々の雑感シリーズ184

家居る子外に出てきて空に星描いて祈れば願い叶うよ

雑感:画家になりたかった。無口だったので相応しいと絵の先生にも目指せと言われていたのになぜか営業になっていた。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月08日

日々の雑感シリーズ183

非難トコ トントコ トント受け今や きけばのるのるマーチの如く

雑感:これだけは解説させて頂く。読みのリズムは「トコ トントコ トント」だが意味は「トコトン トコトン ト」。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月07日

日々の雑感シリーズ182

遊びをも本気でやれぬ餓鬼らでは 何をやっても天は笑みせず

雑感:遊びって楽しい!本気でやれる。思い返すと仕事も楽しかった。今苦しかったことは笑い話だ。結局いつでも幸せ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月06日

日々の雑感シリーズ181

行く道を牙剥き塞ぐ獣らを 笑みして愛でて真(まこと)へ導く

雑感:勿論私を詠った首ではない。私なら行く手に虎でもいたら腰を抜かして命乞いをするのが関の山だ。私は兎ちゃん?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月05日

日々の雑感シリーズ180

苦の草が体(たい)に根づけば汗し抜き そこに幸植えコツコツ咲かせ

雑感:私は病人として果てるのが嫌で色々とやっているのかもしれない。患者として死すより○○として散りたいものだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月04日

日々の雑感シリーズ179

友のよう天より高き徳得んと 所作を真似ても徳の芽もでず

雑感:前述した全盲の方を詠わせて頂いた。私は今モーレツに恥ずかしい。健常者の時己しか見つめていなかった自分が。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月03日

日々の雑感シリーズ178

遊びでもプロの技得て楽しめば 光る蔵建つ七福すまう

雑感:最近知り合いになった全盲の方から色々なことを学んでいる。その一つに「遊びを本気でする」がある。私もする!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月02日

日々の雑感シリーズ177

諦めん何があっても諦めん 我が夢萌ゆる花となるまで

雑感:責任とは?何かをやり遂げてこそ果たせると私は思う。何もしてないのに地位に胡坐をかいている輩は辞めるべき。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月01日

日々の雑感シリーズ176

夏燃ゆる恋の詩書くと決めし日に 恋を締切る鈴虫鳴きだし

雑感:私は好機だと感じたら猪突猛進をする。殆どの場合その勘ははずれるのだがはずれても次へと必ずつながっている!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月31日

日々の雑感シリーズ175

蛍舞う川天の川もどきかな 降り来た彦星「織姫いづこ?」

雑感:詐欺、偽ブランド!あ〜世に溢れたる贋物どもよ!!消え失せよこの世から!!!否否カツラは居残れ…俺のだけ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月30日

日々の雑感シリーズ174

蕎麦ツルル氷ガリガリビールゴクッ 食う汗ポタリ嗚呼夏来たる

雑感:夏を思わせる音は多い。だが音では表し難い物がある。その代表格が冷奴である。これを音にしたら?あ〜眠れず!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月29日

日々の雑感シリーズ173

億の花夜空に開く隅田川 テレビ桟敷で食い入る患者

雑感:上野に勤め先があった。両国で花火大会がある時は会社の辺りは渋滞となり帰社が遅れ観に行けなかった。残念だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月28日

日々の雑感シリーズ172

“歌詞”の字を改め見れば上滑り 愛の詞書けば“菓子”の字ズバリ

雑感:今友人のジャズピアニストと、どなたでも口ずさんで頂けるような唄を作らんとしている。一作目はラブソングだ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月27日

日々の雑感シリーズ171

障害にひるまぬ知有るつわものを 大和(※戦艦)とすれば我は笹舩(ささぶね)

雑感:c-musicと言う障害者アマチュア音楽集団に入っている。ここのメンバーの能力の高さに、私はついて行けていない。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月26日

日々の雑感シリーズ170

取材受け浮れる間なく不整脈 人生ほんま差し引き零よ

雑感:いや〜まいった!久々の頻脈発作だ。軽くて良かった。いつものように、毎分230回×8時間だったらもう○○。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月25日

日々の雑感シリーズ169

合作に曲が良いとの評得たが 我が詞嫉妬の家出臭わす

雑感:夏ライブのテーマ曲『夏祭り君と』の評判が良い。CDにしたらとの声も聞こえてくる。これも曲と編曲のお蔭だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月24日

日々の雑感シリーズ168

ゴロゴロと鳴く空恐く泣く我をゲコと励ます蛙(かわず)やいずこ

雑感:土を見なくなった。岐阜に居た時には周りは土だらけで川では蛙が鳴いていた。そしてなぜか豚が野を走っていた。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月23日

日々の雑感シリーズ167

死にたいと願えど死ねぬこの身なら生きて生かさん死ぬまで活きて

雑感:病気初期には全ての事が水泡に帰した気がしたが今忙しい。エピキュロスが「無から有は生じない」と言ったとか。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月22日

日々の雑感シリーズ166

対岸に揺らりと浮かぶ白き人 蜃気楼知る真の我かな

雑感:全く曖昧なのだがいつだったか蜃気楼を見た気がする。うごめく人々がいる街だった。音がしない街だった。夢か?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月21日

日々の雑感シリーズ165

夏ライブ客の乱舞の影も舞うジャングル千葉に一夜現る

雑感:今日ライブを主催する。興業主としては歌のようになって貰いたいのだがならなければ次回は盆踊でもやろうかな?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月20日

日々の雑感シリーズ164

あの星を浮ぶ雲から見る夢を見た子もいつか雲越え星に

雑感:結局星に向ってた。僕が行くと決めてた星に。そこからは月の明かりに遮られ見えないけれど月の向うに居るから…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月19日

日々の雑感シリーズ163

人知れず麻痺の身床へ溶け行きて土になったら飛ぶが夢也

雑感:死んだら何処の空を飛ぼうかな?いやまずは、君にキスをしに行こう。嫌がるから起こさずするね。それが最後の…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月18日

日々の雑感シリーズ162

他人(ひと)の背につられて歩く夢の背は我だと気づき行く道悟る

雑感:ラジオ講座で短歌を聴いた。とてもシュールなものがあった。気に入ったと同時に迷いの森から脱出れた気がした。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月17日

日々の雑感シリーズ161

地も割れん患い地球(ぼし)が苦しいと泣いているのか今日は雨降り

雑感:30歳〜36歳まで新津から直江津まで1〜2泊しながらダイヤモンドの商いをした。そんな地の災害。ただ憂う…
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2007年07月16日

日々の雑感シリーズ160

麻痺治癒しボードに狂うinHAWAII湯船の波間夢を描けば

雑感:この夏はハワイでバカンスだ!私ではない。妻子の話だ。羨ましい!が、いつかは俺もと言う気にもなれ良い刺激!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。