2007年09月15日

日々の雑感シリーズ221

馬鹿だった泣いて悔いても戻せない 高二の冬と君の微笑み

雑感:実は心より悔いている事がある。高二の時ある人の心を傷つけた。今その人が居た町を通る度眼を瞑り謝るのだが。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月14日

日々の雑感シリーズ220

病なり弱りし者に鞭を打つ ここは日本か夢ならさめよ

雑感:私は医師の保障つきで苦痛に耐えられるのだが、安倍総理が耐えてきた苦痛には耐えられない。凄い忍耐力である。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月13日

日々の雑感シリーズ219

我が思い込めて作りし歌ひとつ 愛でて守らん羽根生えるまで

雑感:歌詞の書き方が、ようやく掴めてきた気がする。馬鹿にされてきただけに嬉しい。書き続けてきて本当によかった。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月12日

日々の雑感シリーズ218

秋飛びて翌秋降りし不死鳥の また燃ゆ姿空に見た夜半

雑感:人とは本当に残酷である。病気でもあれやこれやいう。自分でもならない限りその辛さは判らない。悲しい動物だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月11日

日々の雑感シリーズ217

いつの世もかたわを笑う奴はおる 上行け上へ聞こえぬほどの

雑感:笑われる=見下げられるである。笑われる事は全くないが見下されたり批判されたりする事はある。私は無視する。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月10日

日々の雑感シリーズ216

崖のぼる隙に餓鬼盗ったザイルを 神が変えたは蜘蛛の糸也

雑感:人のミスをあげつらっているといづれ墓穴を掘る。そんな人を見過ぎるほど見てきた。お蔭でこの人は危険と判る。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月09日

日々の雑感シリーズ215

藁葺きの屋根で涼しや夏の里 祖父母居ぬ今縁も涼しや

雑感:部屋のエアコンが昨日壊れた。今日は扇風機で涼を取っている。インドで泊まった安ホテルより暑くはなかろうて!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月08日

日々の雑感シリーズ214

煙吐きディーゼル一両駈ける野が 目蓋に残す我が郷あの夏

雑感:母の故郷は霞ヶ浦にある。子供の頃佐原駅まで一人汽車に揺られバス二台を乗り継ぎ行った。首の景色は行方郡だ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月07日

日々の雑感シリーズ213

夏去ったあとの海辺は寂しいと松が涙し木の葉ハラハラ

雑感:この近くに湾岸道路と言うまるでロサンゼルスを思わせる道がある。ちょっと違うのは沿道の木が椰子ではなく松!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月06日

日々の雑感シリーズ212

電線よ切れるな風で切れたなら機械が生かす俺もこと切れ

雑感:台風が来た。普段から人工呼吸器用のバッテリーは用意してあるのだが、接続が難しい。停電したら最終回は今日?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月05日

日々の雑感シリーズ211

麻痺進みパソコンさえも打てぬ日は 天を見つめん友ら捜して

雑感:最近2〜3行のメールにさえ1時間もかかることがある。1ミリ単位でセンサーを合せて貰っているのだが厳しい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月04日

日々の雑感シリーズ210

涼求め秋よ来いよと空見れば蜂ら蜂らで涼しくはなり

雑感:部屋の軒下に雀蜂が巣をかけた。施設が騒然!業者が退治に来て一件落着した。どうせなら試しに食べたかったな〜
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月03日

日々の雑感シリーズ209

うつむくは麻痺の辛さかはらからよ 明日をも見えぬ不安沁みてか

雑感:ALSになってまだ日が浅い方が来られた。本当に辛そうだった。未来の自分と言う管3本ぶら下げた私の姿を見。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月02日

日々の雑感シリーズ208

夏期課題無視でも涼し娘(こ)の武器の ママの悲鳴が二キロ轟き

雑感:夏休みの宿題は休みのラスト二日間で片付けた私だが、娘には勤勉さを求めてしまう。だがしょせん私の娘よね〜。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年09月01日

日々の雑感シリーズ207

人生報われなくても構わない ゆくひに雲に乗れさえすれば

雑感:現世で言いたい放題していると死んだら地獄に連れていかれやしないかと恐れていたら大人しくなったここ2分は。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月31日

日々の雑感シリーズ206

果てるまで運命(さだめ)貫く生き方を 亡骸遺した虫に学ぶ

雑感:風呂の時介護士諸氏に鈴虫の様子を訊いた。すると話が飛躍しゴキブリ憎しの話となった。お〜い鈴虫はどうした?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月30日

日々の雑感シリーズ205

夢土に注ぎて固め基礎とせん 命と夢が繁ゆく街の

雑感:特定の方におだしたものだ。出来を見るとどうやらまたスランプらしい。でもあがけばあがくほど泥沼に!あぁ〜!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月29日

日々の雑感シリーズ204

妻くれたウォッチの針が刻む音 元気湧き出るチチチのマーチ

雑感:妻のハワイ土産は時計だ!嬉しくなってクサリのサイズ直しに出したのだがなかなか合わない。痩せ過ぎたようだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月28日

日々の雑感シリーズ203

歳邪魔し 「かえらないでよかあさん」と言えず母の背見送る夕暮れ

雑感:英語ほど使わないと忘れるものはない。あの努力の日々は何だったのだろうと言う訳で母にテキストを持って貰い…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月27日

日々の雑感シリーズ202

行く道を竹に見立ててしなやかに 曲げて弓にし己は矢とし

雑感:石は叩けば崩れる。竹は崩れない。私は強さを、攻撃されてもその意志を崩されない柔軟な頑固さを持つ人に見る!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月26日

日々の雑感シリーズ201

友ら来て騒ぎて去れば昼なのに 部屋は翳りて暗くて暗くて

雑感:イルカに乗っている娘の映像を見た。思い切り楽しんでいた。良かった!ただ、イルカとのキスシーンには…ウゥ。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月25日

日々の雑感シリーズ200

とわの愛歌った曲がうまれたら 天住む友に捧げんトスし

雑感:亡くなった友を思いながら書いた歌詞に今、全盲の方に曲をつけて頂いている。新曲:『怒らないで』、近日完成!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月24日

日々の雑感シリーズ199

“秋来い”と歌う鈴虫友ら呼び 合唱すれば秋も駆け来る

雑感:外に出られない身なので季節の事は人の話から感じるしかない。秋に包まれたい。そして深呼吸!人工呼吸器でか?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月23日

日々の雑感シリーズ198

人生が宇宙(そら)へ真っすぐ伸びる時 心の隅の幸を見つめん

雑感:夢を持ちそれを叶えるべく突き進む人生には満足している。だがついついそればかりとなってしまう。反省しよう!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月22日

日々の雑感シリーズ197

我が酒を君があおってくれるの見 敵陣出向く矢の雨降れど

雑感:私は酒が飲めない。先祖は奈良で造り酒屋をしていたと言うのに…。情けない!死んだら先祖がいる奈良に侘びに。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月21日

日々の雑感シリーズ196

ALS苦悶幸(さち)にと空回り 笑顔の裏でそっと赤面

雑感:私は裸の王様だ。今日出た私の新聞記事を親しい人達にメールしようなどと思っている。やっぱり恥ずかしいかな…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月18日

日々の雑感シリーズ193

地の揺れよ民の血吸えば満足か 吸われし民の怨みぞみえる

雑感:若者ほど地震を恐がる。それはそうだ。昨今頻発する地震。充分生きたと思えぬまま偶然遭遇し逝ったりしたら…。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月17日

日々の雑感シリーズ192

我が休暇風呂でまどろむ五秒間 患者のレジャー湯での舟漕ぎ

雑感:やることが沢山あると休む気などしない。妻子の帰国日も忘れていた。突然イルカに乗った娘の写真が来て今日!?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月16日

日々の雑感シリーズ191

僕マグロ釣られ競(せ)りを経(へ)ツナ缶に 母さん僕は海へ帰れるの

雑感:先の運命は誰にも判らない。だから今日を精一杯生きる!と言う主義の妻は今ハワイ。娘よとめとくれママの買物!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年08月15日

日々の雑感シリーズ190

朝焼けに恋し涙す我が心 取り出せるのなら空放つのに

雑感:最近の睡眠時間は3〜4時間だ。少々体がきつい。昔2時間睡眠で過ごしていたら入院をした。そろそろ危険域か?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。