2007年12月19日

日々の雑感シリーズ316

メールさえまともにうてぬこの身など豚に喰わせろ パールおつけし

雑感:困難なんて笑ってやろう。ここで突っ張らなくちゃ今までの突っ張りが無駄になる!折角V字に禿ている事だしさ。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月18日

日々の雑感シリーズ315

はらからの怨みをせおい今日を生きまだまだまだと這っても明日生き

雑感:文字が打てない。この日が来る事は判ってはいた。いざ来てみるといやいや不便だ。まあ病気なんてこんなもんよ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月17日

日々の雑感シリーズ314

春がきみまねいた空に手をふればみたよときみが涙をふらす

雑感:春、ALS患者の偉大なる女性が亡くなられた。それを知らずにいた。私は今頃になり泣いている。ALSを怨む。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月16日

日々の雑感シリーズ313

木枯らしがふけばふくほどきみのほほ熟れたみとなり辺り春とす

雑感:高校時代となりのクラスに紅いほっぺの美少女がいた。春が恋しくなる頃何故か彼女を思い出す。何故だろう何故?
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月15日

日々の雑感シリーズ312

「きれるね!」とおだてられたら鼻をもげ伸びはじめたら月つつくじゃろ

雑感:私は人を信じ易く惚れっぽくお伊達に乗り易いと言う扱い易い人間なのだが、口ばかりの嘘つきは呪うほど嫌いだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月14日

日々の雑感シリーズ311

友が来てわきたつさちのぬくもりを湯にかえあびる午後の贅沢

雑感:名古屋から親友がメールさえまともに書けなくなった私を按じわざわざ様子を見に来てくれた。彼もALSなのに。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月13日

日々の雑感シリーズ310

人生を紅葉(もみじ)のごとく燃えさせて散る日がくればいさぎよく笑む

雑感:なんて書いちゃったのだが、『怒らないで』の普及活動もあるし、ライブもやりたいし、死ぬなんてやなこったい!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月12日

日々の雑感シリーズ309

かなたとぶ鳥よちからを分けてくれミリも這えずも舞う夢みる身に

雑感:高過ぎる夢を追っているのはわかっている。鳩が鷹に猫が虎になれないのはわかっている。だからこそ叶えば凄い!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月11日

日々の雑感シリーズ308

空がいう「風に向かえるひとになれ追う風ならば紙でものれる」

雑感:たまにはいいと思うが気ままにやりすぎていると信用されない。その怠惰を人のせいにする輩などもはや…笑い者!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月10日

日々の雑感シリーズ307

姉達へ綴るメールは敬語だが敬意如きで恩は包めず

雑感:私には実姉の他従姉達がいるのだがその内の一人に実弟の如く甘え大変な負担をかけてしまった。ご免ねねえさん。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月09日

日々の雑感シリーズ306

ひたはしり逝くまえ止まりぬくひとの背は見ずあくびするのもいいね!

雑感:私は死ぬほどやってしまう。大袈裟でなく。8日のライブでも施設に戻ってから白目をむいた。遠くから呼ばれて!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月08日

日々の雑感シリーズ305

ライブ終えしあわせだけの潮がみち身をぬけ目から感謝あふれる

雑感:安倍前総理から生花を頂けた。感激!NHK下関がローカルNEWSの取材に来た。喜々!出演者お客様供にのった。最高!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月07日

日々の雑感シリーズ304

風に舞う葉よりなもなきライブでも集うほほえみまぶしやまぶし

雑感:今日はお客様も出演者達も心ゆくまで舩後ライブを楽しんで欲しい。批判もあろう。嘲笑もあろう。だが私はやる!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月06日

日々の雑感シリーズ303

「ライブいくね!」あかぎれさすりメール打つ彼女のえみが見えて泣けた夜(よ)

雑感:主婦は夜自由には出歩けまい。まして仕事をしながらもお父様の介護をしている彼女はきっと苦労して来る。感謝!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月05日

日々の雑感シリーズ302

世は修羅場無数の穴はみえぬだけ いずれははまる鬼(き)の巣色の巣

雑感:驚きましたわ!三時間かけ注入している水五百ccがあっと言う間に胃に落ち来たんですもん。でもあちきは不死鳥!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月04日

日々の雑感シリーズ301

腹立ちはお重につめて正月に食んでめでたやするか初肥え!

雑感:こうやって考えれば腹立ちもやがて糧になるのかと思え、メニー腹立ちウェルカムである。勿論これは詭弁である。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月03日

日々の雑感シリーズ300

神が我天につれゆき泣き言うた「ふてえやっちゃよ罰とし生きよ」

雑感:心臓おかしい目が見えない!やがて僕は死んだ。ところが、しつこい僕はまだ生きていた。憎まれっ子は不死身〜♪
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月02日

日々の雑感シリーズ299

馴染みらと美酒より美味い笑みかわしおさなの日々を肴にした夜(よ)

雑感:私のもてなしは笑みだけである。今日来てくれた二人の幼馴染みにも申し訳ないことをした。短歌はその言訳かな?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月01日

日々の雑感シリーズ298

壱文字にいのちをかけて日々綴らん殺した億文字祈りとむらい

雑感:今一文字打つと脈が110〜150位になる。ジョギングをしている感じかな?お蔭さまで睡眠時間が長くなった。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月30日

日々の雑感シリーズ297

羽ばたけぬ鶏(とり)にうまれど羽根ひらかん 雲を枕に出来る日きても

雑感:私は天でくつろげる日が来てもロマンを追い続けていたい。煌らめく流れ星のごとく。それを夢とし今日を生きる。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月29日

日々の雑感シリーズ296

子にかかるひようの山は・阿蘇・浅間?それしょう妻の尻に火ついた

雑感:これがわが家の実情である。もし妻に毛生え薬を買っている事がバレたりでもしたならば私は無事ではいられまい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月28日

日々の雑感シリーズ295

死神よ霊(たま)はわたさぬみやげなら 我骸(がら)どうだ生きた日臭う

雑感:私のよう粘着質な性格だと例え焼かれても成仏出来ずこの世を彷徨う。それを知っている妻は何かを警戒している。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月27日

日々の雑感シリーズ294

木枯らしがさめざめよるに悔し泣き嫌われものしょうさだめ重いと

雑感:木枯らしのように一見冷たげに見える人にも暖かき方はいる。また逆もあってそんな人に私も煮え湯を飲まされた。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月26日

日々の雑感シリーズ293

魂よくちた身ぬけ出天で舞え ほしぼし歌うしらべにあわせ

雑感:『日々の雑感シリーズ』の〆切を朝六時にしている。四時に起きれば間に合う。猶予は二時間だ!エッサッサーと!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月25日

日々の雑感シリーズ292

ほほえめば華のごとくに蝶よせて陰で笑えば蝿や蛾したう

雑感:当たり前の事を書いてしまった!きっと蝿や蛾に裏で笑われる。ところで私を蟲に例えたら…蛆虫?あっ蝿の子だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月24日

日々の雑感シリーズ291

学びとは闇鍋つつくようなものいやでも食めば光る底見え

雑感:脳味噌は育ちて育ちて育ちて死せる。仕事とは観て知り観て知り観て知り磨く。人生は学びて学びて学びて終える。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月23日

日々の雑感シリーズ290

言わば我あぜでいきゆく蕾かな咲かねばしせどふまれゆく草

雑感:悲しいかなこれが人とのご縁と言うものであろう。皆そうなのだから孤独を楽しめば良いのだ!咲けば楽しめない。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月22日

日々の雑感シリーズ289

陽光がたまるパティオに風呂の湯のぬくさまされば稲毛もふゆに

雑感:千葉は暖かい。会社員時代冬でも3枚以上着たことはなかった。痩せ我慢していたわけではない。太っていたのだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月21日

日々の雑感シリーズ288

ひとの暖そこここにあり見えぬだけ鎧ぬげねば骨こおり割れ

雑感:従姉に『怒らないで』を歌って頂ける方を探して貰っていたら、『スマイル』と言うデュオが歌ってくれた。感動!
posted by YF at 00:00 | コメント(6) | TrackBack(0) | 短歌

2007年11月20日

日々の雑感シリーズ287

我が剣でひとを斬る気はないけれど斬られれば叫ぶわれ背負わせる

雑感:友人が経営している会社にトラブルがあった。行政の横暴を受けた。染み一つない彼は悩んだ。罪を意識せよ役人!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。