2008年03月23日

021/『新舩後流短歌』

魅せられる涙にうかぶきみの目に みなも漂う蓮よりもなお
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月22日

020/『新舩後流短歌』

花香る里山舞う火それはわれ空ゆかば星 世の影照らす

メモ:我願望也。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月21日

019/『新舩後流短歌』

ふわふわり湯舟にうかび天あおぎ命のしずくまくきみに笑む
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月20日

018/『新舩後流短歌』

ざわめきは黄泉の海かとゆき見れば命のつなみ我ひきもどす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月19日

017/『新舩後流短歌』

明日なにわしすはかくごの旅前におぼれるような涙にしずむ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月18日

016/『新舩後流短歌』

麻痺修行うごかせる筋あとわずか心しずかに旅支度せん
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月17日

015/『新舩後流短歌』

巴里七日モード勉強娘(こ)のはなし百話小噺未来どうなる?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月16日

014/『新舩後流短歌』

葉のきみよみずのながれにのればいいもまれるままに海をみるため
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月15日

013/『新舩後流短歌』

甘えてはならぬとしだが甘えたい春ののどかさもつ母に我
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月14日

012/『新舩後流短歌』

死臭するこのみすめるはいつまでと黒より黒き闇くればとい
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月13日

011/『新舩後流短歌』

高慢な立場剣にし血を降らすやからにその血錆びて一太刀
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月12日

010/『新舩後流短歌』

悲しみは雨にながせば地にしみるほしはささえんわれらの命
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月11日

009/『新舩後流短歌』

死にたいとねがった春はとおくなり花見てえみすこの世のこの夜
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

009/『新舩後流短歌』

死にたいとねがった春はとおくなり花見てえみすこの世のこの夜
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月08日

006/『新舩後流短歌』

春光をあびし野の花いまこそと美しく萌ゆはかなさ見せず
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月07日

005/『新舩後流短歌』

この薔薇は居れどいだけぬきみのよう愛せば刺されすべて血ぞめん
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月06日

004/『新舩後流短歌』

カーテンをななめに開けてみたそらと語りあったら頬ゆるむかな?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月05日

003/『新舩後流短歌』

海みればくだけうなれどなぎもくる好機もしかりつかめる日まつ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月04日

002/『新舩後流短歌』

悲しみはしらぬま夢に忍びいり時をくさらせ人うつむかす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年03月03日

001/『新舩後流短歌』

身のよろい溶けたわとけた空舞うね おかあさんねえわたし自由よ

メモ:難病のある少女が天使になって、ようやく15にして自由に…。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月29日

日々の雑感シリーズ326

顔や身が死にゆくほどに運上がり麻痺でかくして笑みこぼす日々

雑感:来年四月までの講演やライブの予定は仮にだが立った。何か自然と笑ってしまう。生きる喜びか断末魔かは謎だ!?
posted by YF at 00:00 | コメント(19) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月28日

日々の雑感シリーズ325

空渡るいのちの歌にうたれれば落ちきた鳥もうたい羽ばたく

雑感:何があったのやら山口県と北九州で放送されたNHKの『怒らないで』のリポートが今朝突然全国放送された。運気良!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月27日

日々の雑感シリーズ324

ひだまりをサウナに見立て身を蒸して風浴びいうた「極楽でんな!」

雑感:施設では真の私を見せていない。蚤のごと身を潜め生きている。静かに骸の如く。あっ!忘れてた。私しゃオシだ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月26日

日々の雑感シリーズ323

皮膚を裂くかぜ巻くなかをサラサラとながれる湯のねきけば走れて

雑感:人は皆悩みの槍降る中をかいくぐり生きている。その痛みに耐えて。苦しんでいるのは君だけかな?幸はそこだよ!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月25日

日々の雑感シリーズ322

君来ればみけんおだやか目もゆるむ触り愛でたい野花のように

雑感:私は娘を抱きしめるのが好きだった。もう十余年もしていない。何だか寂しい。でもまあいいか、嫌がってたもん!
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月24日

日々の雑感シリーズ321

雪の舞いみれぬ聖夜はそらみつめ祈りささげん「舞って夢で」と

雑感:昔、暖かい千葉でもこの季節には雪が降ったものだ。最近は降らない。寂しい限りである。来年は観たい。期待だ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月23日

日々の雑感シリーズ320

やまいなり身棄て職棄て家すてた足かせなくばとまどいこずと

雑感:本当は「毛抜け失業家だされ」だったりして!まぁどちらにしてもたいした差は無いし身は軽い。これからである。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月22日

日々の雑感シリーズ319

暖炉さえきかぬいてつく冬の夜もきみをおもえば心に春舞い

雑感:なんてことは高校の時から思ったことなど無い!と言う事に皆様して頂けませんでしょうか?本当は思ってたです。
posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月21日

日々の雑感シリーズ318

Helpers make smile for the job not for you.Don't see eyes!

雑感:音を五七五七七に合せただけの英語短歌に挑戦してみた!ヘルパーズは日本語。意味は「君がモテル訳無いべ〜」。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2007年12月20日

日々の雑感シリーズ317

ほしぼしをつなぎ海にしそこにとけ地と海いだき垢をあらうね

雑感:環境保護をテーマにした歌を書くつもりだったのだが童話もどきになってしまった。でも書いている時楽しかった。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。