2008年06月25日

舩後流短歌

酒仙の句あこがれ呑めどしょせん下戸 千鳥足句につら燃えださん

メモ:造語シリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月24日

舩後流短歌

白が茶になりゆく花のはかなさ見 小刻みゆれるきみの背愛し
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月23日

舩後流短歌

四肢もがれ骨割られては虫の息されど良き日ぞ我が強さ見れ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月22日

舩後流短歌

梅の香の衣ぬぐころ藤の香が衣織るおと梅雨の雨おと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月21日

舩後流短歌

あたたかき家の灯毎夜夢のなか起きれば独り棺のごと此処

メモ:関西のある患者さんの思い出を、短歌に致しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月20日

舩後流短歌

この街の冬まちどおし ふぶく夜は汽笛の詩(うた)が部屋に舞うから
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月19日

舩後流短歌

素直には笑みでぬ日々もワクワクす寝禅修練虫コロ我の
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月18日

舩後流短歌

草舟で星間を渡る夢見んと川に草しき今宵の床に

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

舩後流短歌

麻痺とけて天舞いそうな今日のわれ良き日のこころ釘打てど浮き
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月16日

舩後流短歌

蝶のれば登るに楽と野をたびす その間に着くと悟れずあせし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月15日

舩後流短歌

真の幸もとめ生きれば無垢の花両の手溢れ幸さらに満ち

メモ:造語シリーズ。無垢の花/意味:赤ちゃん(造語)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月14日

舩後流短歌

荷物など麻痺のよっつよ燃せば灰星へゆく途で まけばキラキラ

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月13日

舩後流短歌

紫陽花のわれがつらなる夢をみた麻痺の身なりの夢結い遊び

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月12日

舩後流短歌

恋好きで歳見ず恋の種まくも白髪しげれど花はしげらず
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月11日

舩後流短歌

軒下で君にほほよせ歌ってた‘雨の日良き日この間このまま’
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月10日

舩後流短歌

かわる色春夏秋冬ぐい呑みの酒面にうつすふりし妻見ん
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月09日

舩後流短歌

不忍(しのばずの)池のみなもは鏡なり 浮く葉光りにだかせゆかせん
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月08日

舩後流短歌

和歌漢詩学びたきもの重なる葉 学べカタツムリひと葉ひと葉を
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月07日

舩後流短歌

髪抜けて白眉のびし我如き居る庵もなくさまよいて灰
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月06日

舩後流短歌

目も麻痺か時計チクタク二十秒打つな拍子木停まった目見て
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月05日

舩後流短歌

耐え生きて我ゆく星が見え叫ぶ ゆかぬぞゆかぬ今日はゆかぬぞ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月04日

舩後流短歌

むし殺しはびこる薔薇の針の道ゆけばわれなどシラミの血染め
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月03日

舩後流短歌

梅雨母と漢詩ネットをききながら空見そらんず 雨雨フレフレ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月02日

舩後流短歌

差し伸べる手無くて語る声も無しだが人の幸いのることでき
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月01日

舩後流短歌

悟らんとすればするほど花街を描く筆進む宵の夢みん
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年05月31日

舩後流短歌

嵐打つ雷鳴太鼓にはやされて“梅雨され歌”を夏まで唄う

暗闇蛸年祭月猿日(鬼陽気)

御茶様時緊急患者無視病棟虫籠部屋見閻魔涙ス

メモ:御茶様時(おちゃさまどき)とは、虫ケラ患者の命より大切な休憩時間。虫ケラ虫コロ虫の息界には無い。(^^)/~~~

幸福千年喜月満日(我陽気)

通販で愛しのきみのいち押しは我に似合わぬチェーン だが買う

※上記二首は、ある方たちのリクエストにお応えしたものです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年05月30日

舩後流短歌

・武器・戦 棺(ひつぎ)にいれて埋めなさいこの星斬って殺さぬうちに
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年05月29日

舩後流短歌

血汗出し一日かけて一首書き二秒で読まれりゃ歌もうつむく
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年05月28日

舩後流短歌

友みせる絵のごとフォトに誘われて その地飛びゆく旅好きごころ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年05月27日

舩後流短歌

怒気降れば地鳴き亡き骸山とする この身差出す子ら救え“嗚呼!”
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。