2008年07月25日

舩後流短歌

古都の家熱波浴びしも中涼し 都市の鉄筋 冬凍夏炎(とうとうかえん)

メモ:造語シリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月24日

舩後流短歌

ベルギーの洋服サイズでかすぎよ!土産のふりしチラリ子供着(こどもぎ)
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月23日

舩後流短歌

麻痺虫も光りのシャワー浴びたなら“きもちよかね”と巣の俺ポポイ

メモ:夢遊びシリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月22日

舩後流短歌

神に請うこの山削れふるえくる 脳にそびえし名“野望岳”を
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月21日

舩後流短歌

おのれには溺れぬなかれ 世は嵐 溺れていては海はわたれぬ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月20日

舩後流短歌

寝たきりは荒行なれば他にあらず 片目つむりゃせやわらか布団
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月19日

舩後流短歌

濡れ草寝(ね)雨粒食(は)みていきた日を惨めとみれば物乞いなにぞ!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月18日

舩後流短歌

銀のごとひかる水面(みなも)でツラ見れば しずくがみっつポツリとゆらす

メモ:筑波の蝦蟇也
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月17日

舩後流短歌

カツラなどつけずもてたや五十歳 妻に内緒で飲む薬(やく)なぁに?
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月16日

舩後流短歌

朝一歩昼二歩散歩夜道四歩(しほ)ゆきすぎたなら五歩戻り照れ

メモ:嗚呼!人生とは
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月15日

舩後流短歌

連なりの白髪と皺は歳の波 唖者で四肢麻痺突如の津波

メモ:嗚呼!人生とは
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月14日

舩後流短歌

若人に悩みなければ種のまま こぼすしずくはきみを花にす!!!
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月13日

舩後流短歌

若き夢シャボンを吹いた泡のよう浮かんでは割れ手にとれば消え
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月12日

舩後流短歌

風合せおどる柳を見てみてぇ! ばちをかくごし風神吊るすか
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月11日

舩後流短歌

これほどに紺にそまりし天知らず いざみにゆかん雲へと天へと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月10日

舩後流短歌

われごとき心を流転するだけぞ おそらくは藪さえあえもがき
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月09日

舩後流短歌

おひさやね笑みやんどこにいってたねん怒気泣き元気やもどってきいや!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月08日

舩後流短歌

母詠んだ茂吉の一首は酒のごと泣かせ眠らす今宵のララバイ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月07日

舩後流短歌

ひこぼしになれぬおりひめいぬわれの たんざくなぜかぬれてつづれず
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月06日

舩後流短歌

陽(ひ)もにげた闇くちあけるこの庭に何をまいたら光いるのか
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月05日

舩後流短歌

生きているまだ生きている鬼夜越え朝床にいた 嗚呼生きようか

メモ:造語シリーズ
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月04日

舩後流短歌

しあわせはこさじで入れたダシのごと ひそやかしみる日々がよい我
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月03日

舩後流短歌

雨粒を虹がてらせばこの山の真珠なる木の光る実もえる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月02日

舩後流短歌

遺書もあるもえにもえたら壷入りて星にねぐらをかえるだけ也
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年07月01日

舩後流短歌

むし殺しやるならやるでいっきやれ仏陀の膝で寝られてよろし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月30日

舩後流短歌

放浪もできぬ身に代えしたためし旅詩(たびうた)よむたび吐く息深く
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月29日

舩後流短歌

この浜で星ゆくわれの殻流せ静かなる風吹く時海へ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月28日

舩後流短歌

お面つけ怒気泣き笑みと目をおおい口をむすべばまだ墓碑いらぬ
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月27日

舩後流短歌

美しき姪きて心やすまれば この日良き日と酒なき日にす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌

2008年06月26日

舩後流短歌

陰口を言えば言うほど光去り気づけば取れぬ陰がきみ喰う
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。