2008年12月02日

舩後流短歌

われごとき!おもてかえせば口惜しさじゃ このバネ言えば月こえ火こえ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年12月01日

舩後流短歌

小銭のみ「これじゃサンタになれぬぞ…」と流すしずくで頬はあかぎれ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2008年11月30日

舩後流短歌

ゆれる影アチコチ独り愛もとめ ぼくじゃだめかなその影消すの
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月29日

舩後流短歌

白菜の葉っぱが雲の白昼夢 液が馳走の腹管見せた

メモ:腹管とは、正確には“胃瘻”のことです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月28日

舩後流短歌

雨あがり光りの道で君が舞う胸が苦しい胸…嗚呼(ああ)胸が…
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月27日

舩後流短歌

すすまない・モノ・コト全て積まれゆく 「グー」と背伸びし「グーグー」ねるぞ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月26日

舩後流短歌

メールさえうてぬ日々たえ空に息きみにとどけと吐きてまた吐く
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月25日

舩後流短歌

弾くソロに突如手拍子ウダウダと頬ぬぐいさった日は雨
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月24日

舩後流短歌

個が団にまじわるのなら天睨みおのれグツグツ煮込んで溶かせ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月23日

舩後流短歌

まだ地べた這いずるむすめ君に云う「父は踏み台かけろ天空」
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月22日

舩後流短歌

まじわれば壊れてしまう星たちにおのれ重ね見ため息千回
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月21日

舩後流短歌

燃える血よたぎれよたぎれ燃えたぎれ したむく俺が天を射るまで
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月20日

舩後流短歌

その人はおのれアピールしたいだけ汗しアクセクその人とはwho?!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月19日

舩後流短歌

肉喰えず魚(うお)も喰えぬが飯時は母の味湧き舌も手拍子
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月18日

舩後流短歌

車酔い小春日和が肌刺すも胸をはいずる汗に凍えて
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月17日

舩後流短歌

ことくれば亀のねばりぞハッケヨイ 頑張ってなどバーニーに言え

メモ:バーニー=兎。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月16日

再開新舩後流短歌

ぬかこおる冬の田舎にいた祖母に思いはせさす母のまるがお
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月15日

再開新舩後流短歌

春の声きこえまいかと手をあてた耳にシンシン冬が刺しくる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月14日

再開新舩後流短歌

麻痺の身を『黙し黙々』耐えるわれ見れば鬼でも目や頬ぬらす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月13日

再開新舩後流短歌

天を突く杉になるよりふわふわと飛ぶ蝶なれば月にもゆける
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月12日

再開新舩後流短歌

我言わば病の芋虫寝たきりで空舞う夢を見続け生きる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月11日

再開新舩後流短歌

夢一つ叶えた今日をふと思いしずく一粒目からながす夜(よ)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月10日

再開新舩後流短歌

飛び起きて寝汗ぬぐわず夢の君追う日々早馬もう白髪嗚呼!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月09日

再開新舩後流短歌

群れなして咲くを好まぬ個の個なら風雨耐え立て折れてさえ根で

メモ:人、死す時は独り、『個の個』たれ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月08日

再開新舩後流短歌

耳元で俺をはげます声たれと見れば俺俺サンキューね俺

メモ:結局、最後まで俺を見捨てないのは俺!俺を信じ行こう、この道。例えそしられても。黙し。『黙し黙々』
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年11月07日

再開新舩後流短歌

立冬で蒲団重ねてみたものの心がぬくくなることはなし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年09月28日

舩後流短歌

目も悪しく頭も悪しき俺なんて無よとむねはる俺なんて無よ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年09月27日

舩後流短歌

夢をみた雲海わたる俺がいる そして昇って輝き消えた
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年09月26日

舩後流短歌

よろこびの時はまばたき負かし去る ならば刻まむ(ん)この皺深く

メモ:安倍晋三元総理ご夫妻が部屋に来て下さった。去り際に、そっと動かぬ我が手にそえて下された、ご夫妻の手の温もりが優しかった。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2008年09月25日

舩後流短歌

いつつの日娘わが膝せがみ見た まなざし一度われ駆る千年(ちとせ)
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。