2009年04月13日

舩後流短歌

胆石も逃げる激痛身にはしる達磨泣くよな股擦れに死す
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年04月12日

舩後流短歌

子の桜観るもの魅了すその地下(した)で親の根『黙し黙々』ささえ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月11日

舩後流短歌

鯵・あさり旬の魚貝に舌踊る 夢野の春は老い前彼方
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月10日

舩後流短歌

チェンマイの水かけ祭の水にかえ 桜をあびて神へと一歩
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月09日

舩後流短歌

風巻けば窓がトントコ歌いだす ケンジの夜汽車よんでるように
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月08日

舩後流短歌

日曜日起きたベットをまさぐれば 温もりなくて今日からを知る
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月07日

舩後流短歌

バックミラー曇らすきみの溜息が 二人の翳りうつした土曜
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月06日

舩後流短歌

薄墨がかげろう森の奥深く 老いを悟れぬ誰かがさまよう
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月05日

舩後流短歌

棘分け裂けし肉出しゆくわけは内の膿出し悔やみけすため
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月04日

舩後流短歌

この曲だ!泣くぼく二分かたわら来 ぼく撫でキスを 「今日は駄目かい?」
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月03日

舩後流短歌

実(げ)に険し頂き目指す武者子亀 温(ぬく)き巣棄て出一ミリ二ミリ
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月02日

舩後流短歌

球児らの汗がかためたグランドに うれしくやしの滴(しずく)ながるる
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年04月01日

舩後流短歌

君今日を飛ばずば心迷うまま!いつかを待たず飛べいざ今日を
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年03月31日

舩後流短歌

別れ述べ去りゆく人に背にエール かけては頬をぬらすのも春
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年03月30日

舩後流短歌

春風に吹かれて散るが花ならば 吹かれて咲くは花のごと君
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年03月29日

舩後流短歌

幸福が香る披露見我誓う 娘(こ)とつぐ日まではあの空ゆかず
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年03月28日

舩後流短歌

久方に会いし身内はかけねなし 目前の人の欲見ればなお
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2009年02月22日

新舩後流短歌

カラ頭それみた空が慰めた「晴れがよいようカラでいいのじゃ」

メモ:と言う訳で脳無しの私めは、3/28湘南工科大学に於ける講演のための原稿を書くため、時には一首まとめるのに半日ならぬ一日かかる短歌は、暫らく休まさせて頂きます。我侭お許し下さい。
posted by YF at 10:31 | コメント(2) | 短歌

2009年02月18日

新舩後流短歌

世の春に人ら踊らす・梅・桜 杉粉(すぎこ)の魔の手隠すが如く

メモ:突如として鼻炎になった!花粉症かは判らないが、取りあえずそれを記念し詠う。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年02月17日

新舩後流短歌

若人の光りが焼くは目に吹いた色眼鏡かな大人患う

メモ:今日来てくれた学生たちは、私にはあまりにも眩しかった!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月16日

新舩後流短歌

鳩かの地 羽ばたきゆかむ(ん) 君の歌 血の雨止めて人ら踊らす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月08日

新舩後流短歌

ぼくのクツ 底がへらない 寝たきりのぼくのようだね置かれたままで
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月07日

新舩後流短歌

「出もどり」の陰口笑い便所入り 便器のシミに「出もどってみろ!」

メモ:体から一度出したものはもう体には戻せないように、辞めた者を企業は普通復帰させない。出もでれたこと、それは僕が得た唯一の勲章かもしれない。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年02月06日

新舩後流短歌

寝坊人(びと)ダシの香りで引きとめる蕎麦屋泣き見てダッシュ朝九時

メモ:サラリーマン時代の20代半ばに使っていた総武線は、よく遅れた。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年02月05日

新舩後流短歌

ワープロは・伴侶・相棒・生きる術 仕事虫には子のごとまぶし

メモ:サラリーマン時代の30代半ば。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月04日

新舩後流短歌

ツラにわく赤面弱虫ひたかくし一心演ずバリバリふなご

メモ:サラリーマン時代の日々。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月03日

新舩後流短歌

上等よ他人(ひと)が松なりゃ梅なれば 竹じゃ中カラ風にゃなびくし

メモ:風=勢力、圧力。サラリーマン時代の私は、風に立ち向かう松でもなく、春に花咲く梅でもなく竹だった。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月02日

新舩後流短歌

ふられてもデイアフターデイ愛してた 思いの潮満ち胸つまっても

メモ:デイアフターデイ(day after day)=来る日も来る日も
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年02月01日

新舩後流短歌

母の里霜立つ音が響く村 針ふととめて聞くはかの音(ね)か

メモ:かの音=過ぎ去りし日の、あの霜が立つ音
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年01月31日

新舩後流短歌

菜や魚(うお)のうまみ渦(うず)巻く湯気香る 母の朝げも六つ歳(むつとし)かなた

メモ:口から食べることも出来ず、香りも嗅げなくなってから、約六年たった。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。