2009年12月18日

舩後流短歌

白雲はソフトアイスか雲上は餅の山かと月見てゴクン

メモ:食べ物シリーズと申しますか、お笑シリーズですね。私自身あきれてしまいました。フッ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月17日

舩後流短歌

陽がかげり闇がまじかに来るころぞ 人を終えむとため息深く
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月16日

舩後流短歌

熱き鍋皆でフーフー美味くとも ALS人は唾たらすただ

メモ:食べ物シリーズです。皆はみなとお読み下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月15日

舩後流短歌

久方に出掛けゆくは皮膚科也 酒場ゆけぬと涙あふるる

メモ:今日火曜日アッと驚く綺麗な市立病院に、皮膚の診療を受けに行ってまいりました。その時創った歌です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月14日

舩後流短歌

風呂いるも腹減りグーピー轟けば 晩飯夢見ウーン・アーンせむ

メモ:食べ物シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月13日

舩後流短歌

朝日着て光る一日送ろうよ 良いこと来るさ去る星言ったよ

メモ:今週最後のクリスタルシリーズです。シリーズ、お楽しみ頂けましたでしょうか?
では、皆様また来週!(^^)/~~~
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | 短歌

2009年12月12日

舩後流短歌

クラブゆき踊る影たちみつめては君にみえきてため息をつく

メモ:クラブ=ディスコ。クリスタルシリーズなのですが、“いつもの短歌と同じ”という声が聞こえて来そうで、今からため息をついています。フッ〜
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月11日

舩後流短歌

水張って波をおさえ顔見ると 君いた日々を涙に見る

メモ:クリスタルシリーズのつもりですが、皆さんどうでしょうか?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月10日

舩後流短歌

始発のりブルーの雨を良く見れば 目に住む君が流れ泣く朝

メモ:クリスタルシリーズです。ブルー=この場合、憂鬱と捉えて頂いても結構なのですが、それよりダイヤモンドような雨と捉えて下さった方が素敵かと思います。実際ウェブ辞書で調べてみたのですが、水も高価なダイヤに相当するという意味がありました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月09日

舩後流短歌

スィーツなど無用・煙草・酒あればいい リーマン道(どう)は雲上なれば
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月08日

舩後流短歌

真珠湾戦になりて人死ぬも 終わりにせぬは意地かと滴

メモ:戦=いくさ、滴=しずく。真珠湾攻撃68年に寄せ、思いを馳せ書きました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月07日

舩後流短歌

立ち食いを出来ればいっぱし勤め人 手もみ・土下座は富士より高し

メモ:リーマンシリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月06日

舩後流短歌

長髪はサラリーマンの恥と切る入社初日の幕開き震え
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌

2009年12月05日

舩後流短歌

入社前社長面接汗タラリ 筑波の蝦蟇かと頭を抱え
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月04日

舩後流短歌

牛丼に玉(ぎょく)をおとせば悦にいるリーマン心(ごころ)空もウンウン

メモ:玉(ぎょく)=卵
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月03日

舩後流短歌

父みれば企業戦士の皺ふかし海軍をも経生きたとは と泣く
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月02日

舩後流短歌

なろうとも勤め人とは囚人似 ネオンのキラメキ心まちにし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年12月01日

舩後流短歌

ほっとしたあの時四十二昼の頃 ヘボなリーマン雲上の昼餉(ひるげ)

メモ:昼餉=昼食。リーマン=サラリーマン。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月30日

舩後流短歌

湘工に集いしわこうど弦のごと はじけば夢ぞ空へと響く

メモ:今日、私が非常勤助手をしている湘南工科大学より記録撮影にまいりました。その夜書いた、湘南工科大学へのメッセージとしての一首です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月29日

舩後流短歌

ジュージューと目玉を焼けば喰らう気に まぶたに映るあの頃の九時
posted by YF at 00:00 | コメント(7) | 短歌

2009年11月28日

舩後流短歌

砂糖まぜうかぶ氷で夏の涼 ふくらむ想い胸を裂くほど

メモ:想い=予想
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月27日

舩後流短歌

虚しさをとおりこしたら何あるぞ穴空く空にのぼる過去かな
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月26日

舩後流短歌

夕食(ゆうげ)ほど鼻歌誘うものはなし 湯気がうつすは秋刀魚か鯵か
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月25日

舩後流短歌

奈良の酒チビチビ呑めば臓腑しみドクドク呑ば雲をも掴め

メモ:姉が、奈良土産に酒を持ってまいりました。本当に美味かった!!私の御先祖は、奈良で作り酒屋を営んでおりました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月24日

舩後流短歌

痰我慢下痢腹耐えて陰口に寝ても褪めても闇をみつづけ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月23日

舩後流短歌

奈良の県万葉の里ありければ 先祖眠る地ただただいのらむ

メモ:土・日と姉夫婦が舩後家の御先祖が眠る、奈良は柳生の里へいってまいりました。同じ血、姉の感動が私にも伝わって来ました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月22日

舩後流短歌

秋桜見にはゆけぬと言われては あぁとため息雨降の夜(よる)

メモ:秋桜の正確な別名はコスモスと言いますが、この場合は十月桜とお思い下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月21日

舩後流短歌

器用かな痰にむせつつとめるとは 病院“いやいや”馬鹿者ゆえに

メモ:“いやいや”という言葉は、何でも“いやいや”と言ってジタバタ駄々をこねる幼児が主人公の、“いやいや園”という児童書から拝借しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月20日

舩後流短歌

言うことを言うは刀傷切るのに似 心はいつも血塗られた雨
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2009年11月19日

舩後流短歌

施設部屋遭難みまわれダイハード 黄泉(よみ)には逝けぬと唇(くちびる)を噛む

メモ:ダイハードとは、世界一ついていない男の物語(※映画)です。黄泉とは、暗闇の死者の世界の事です。奈良期前から、あると言われている伝説のひとつです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。