2010年03月19日

舩後流短歌

パチンコを知らぬままにで五十二ぞ 落第気分心のうちに
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月18日

舩後流短歌

“生きる”とは定めとすれば終わりは死 人間憐れ闇へ闇へと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月17日

舩後流短歌

背も顔もきみ似の人を見つけると その顔見つめ涙をこぼす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月16日

舩後流短歌

苦悩にも笑みする人に強さある! あればあば・・・筋肉心

メモ:・・・も、一字とお考え下さい。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月15日

舩後流短歌

ネェネェと坊やが訊けば大人ムッ 無視は冷たく雨へと隠れ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月14日

舩後流短歌

見て見たい恋愛ベタの僕だから 別れたあいつシャボンに映し
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌

2010年03月13日

舩後流短歌

人間は自分似ならば近づけむ(ん) 震え感ずる晩秋のごと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月12日

舩後流短歌

ディーゼルのオイルの香り懐かしい 心に刻んだ青春の跡

メモ:青春シリーズです。トレイラートラクタのエンジンを朝かけますと、とても芳しいオイルの香りが漂います。これが!私の青春の香りです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月11日

舩後流短歌

娘(こ)の明日を憂いてみても「ほっといて!」 無駄なことかと枕を濡らす
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月10日

舩後流短歌

陽の光夜あるかぎり昇りくる 尊ぶものと祈る空を見
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月09日

舩後流短歌

奇怪(きっかい)な光る荒野につぶやくは「いつかいつか・・・」を三十五年
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月08日

舩後流短歌

桜咲き拍手浴びてるその裏で 菜の花笑むも人には知れず

メモ:寂しい菜の花。これから桜の裏で生きてゆくのです。歩けないから・・・。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌

2010年03月07日

舩後流短歌

雪解けに梅の花(か)ゆれて流れ来る それ見春かと背伸びしてみる
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌

舩後流短歌

目も悪く耳も遠いがそこそこぞ 人生五十路まだまだの俺
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月06日

舩後流短歌

人生は急がなくてもゆけるから 両手を伸ばしつかめ太陽
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月04日

舩後流短歌

激痛の鼓膜切開水吸うも 難聴どうしよライブやるのに・・・
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月03日

舩後流短歌

長い眉魅惑のくちびるそれが君 僕思うほど霧へと消えむ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月02日

舩後流短歌

鬼も泣く地獄皮剥ぎ針の山 猛省効かぬ閻魔にすがれ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年03月01日

舩後流短歌

わが友の温情なくばわれの名ど 世の隅おかれ砂風(さふう)に消えむ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月28日

舩後流短歌

無風では己(おのれ)ごときは無の闇ぞ 地の根にのまれ塵のごと消えむ(ん)

メモ:“無風”とは、身の周りに波風を立てないつまり事無かれ主義の人の事です。地の根にのまれ⇒地球に(必要な水として)飲まれ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月27日

舩後流短歌

ラジオ聴き思い出すのはあの頃か 車飛ばしてあいつ忘れた

メモ:ラジオ&青春シリーズです。小説家、片岡義男風に書いてみました。片岡義男⇒[1940―]小説家。東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月26日

舩後流短歌

ききほれたチェト・ベーカー澄んだ音(ね)に ギター弾くから天連れてって

メモ:ラジオシリーズです。チェト・ベーカー⇒一時は、あのマイルス・デイビスを凌ぐ人気があった、トランペッター兼ボーカリスト。故人。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月25日

舩後流短歌

午前二時ラジオ音楽楽して 寝ずに欠伸し一日闇に
メモ:ラジオシリーズです。欠伸=あくび。「一日闇に」で、一日中欠伸をし結局その日を潰してしまった!という事を、表してみました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月24日

舩後流短歌

深夜便聴いて寝つけば天国だ! 小さき夢を追いもとめる人

メモ:ラジオシリーズです。深夜便⇒NHKam594毎日、深夜11時20分〜早朝5時まで放送。私はこれを聴きながら0時頃寝て、深夜の2時に起きて懐かしのポップス・ジャズ等を楽しむのが大好きです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月23日

舩後流短歌

米軍の流すロックを聴き深夜 思いにふける本牧辺り

メモ:ラジオシリーズです。思いにふけると言えば、そうです!当然つきあっていた愛する彼女のことです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月22日

舩後流短歌

玉納豆かけた熱飯湯気フワリ そこに映るは明日か鯵か

メモ:玉=ぎょく⇒玉子。熱飯=あつめし⇒温かいご飯
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月21日

舩後流短歌

だんだんと光身浴び起きたなら まずは思うが薔薇のごと君
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月20日

舩後流短歌

十四で一人伊豆旅森に入れぬ かよわき少年青空を見ろ!

メモ:青春シリーズです。十四=じゅうし。入れぬ=いれぬ。下の句の「かよわき少年青空を見ろ!」で、“人生恐るに足るもの無し”を表しました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月19日

舩後流短歌

ギター弾き完徹朝は眩しくて 寄ったカフェで安らか十七

メモ:青春シリーズです。完徹⇒完全徹夜
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年02月18日

舩後流短歌

彼女いた二十四(にじゅうし)の時やつの親 俺を見下げた悔しくて泣く

メモ:青春シリーズです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。