2011年01月05日

舩後流短歌

人発す言葉はえいえい宝也 血肉にためてわがものにせむ
メモ:えいえい⇒永久
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年01月04日

舩後流短歌

音に聞く人になれよと背を押すは おのれはしりぞおのれたるには
メモ:しり⇒最後。これは、おのれよりおのれを知るは他人也と言う意味を持たせた歌です。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年01月03日

舩後流短歌

母つくるオセチ懐かし心味(こころあじ) 父のすき見てつまんだかの日
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2011年01月02日

舩後流短歌

憶え無き一二三(ひふみ)の筈の初夢に 色付け筋書く初春(はつはる)の酔い

メモ:一二三(ひふみ)につきましては、一富士二鷹三茄子とご解釈下さいましたなら幸いです。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌

2011年01月01日

明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。

初夢はおのれで新年描(えが)かむと 一筆さらり旧年の夢

むつき入り若葉色濃く春のごと しかして我も歳をぬぎすて

メモ:正月には、年を新たにするという意味があるそうです。そこで私は、歳すなわち年齢を脱ぐ事に致しました。本年も宜しくお願い致します。むつき⇒陰暦正月の異称。しかして⇒そうして
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月31日

船後流短歌

蕎麦すすり長寿願ったつごもりは 過去ぞと今はひととせひととせ

メモ:つごもり⇒晦日。ひととせ⇒一年


おおつごも今年の悪しき袈裟懸(けさがけ)し 空きに来る年良きのみぞ据え

メモ:おおつごも⇒大晦日
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月30日

舩後流短歌

世の嵐 帆にうけ旅す人生路 常世のさそい拒み拒みて

メモ:これは、友人の東京ドームシティにある帆船の写真からイメージして、浄瑠璃など聞きつつ詠んだ和洋折衷歌、というより演歌です。常世(とこよ)とは、亡くなられた方が行く、不老不死の世界の事です。現世で尚やる、つまり死ぬには早いという意味を持たせた歌にしたつもりです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月29日

舩後流短歌

十悪の巣(そう)に住むなら犬になれ なれぬ輩は涙し生きろ

メモ:十悪とは、仏教で言う10種の罪悪。悪口(あっく)・両舌・貪欲(とんよく)・邪見等の総称です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月28日

舩後流短歌

音好みさまざまなれど耳残る 亡き人出したクワの音(ね)炊く音(ね)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月27日

舩後流短歌

ゆく道の当り外れは知らぬこと えらぶは己(おのれ)つくるは宝
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月26日

舩後流短歌

無象の歌今世飛び舞い一残る 人とて同じ為るなら一に

メモ:来る年の抱負として綴る。読み:むぞうのかいまよとびまいいちのこる ひととておなじなるならいちに
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月25日

舩後流短歌

オラトリオ独りきくのも八年目 寂しさにも慣れただ我眠る

メモ:オラトリオとは、キリスト教的題材をオーケストラの伴奏による独唱、合唱を用いて劇的に構成したものの事です。聖譚(せいたん)曲と訳され、バッハのクリスマス・オラトリオが有名です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月24日

舩後流短歌

イブの朝着きしカードはイランから 愛ある友はアラーをも越え

メモ:今日24日のメールに、イラン人の友達からのクリスマス・カードがありました。彼、ムスリムなのに大丈夫なのかしら?
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月23日

舩後流短歌

鬼心その裏見れば蛆の群れ 腐れた笑みであることないこと
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月22日

舩後流短歌

後悔はする度心の根や幹に 駆けに翔((か)けるは猪(いの)・蝶のみぞ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月21日

舩後流短歌

手をつなぎ迎えの母との退院日 あの日に帰り何をねだらむ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月20日

舩後流短歌

抜糸痛サブちゃんききつつ耐えたのに 心の隅でやっぱバッハよ♪
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月19日

舩後流短歌

しかるところまだ人とし生きてゆく そのさま如何(いか)に如何(いか)になろうとも

メモ:六六五七八で詠ってみました。しかるところ⇒しかし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月18日

舩後流短歌

ねぇ!逃げてススススススとこの手から あの日のようにギュッとする前

メモ:私のように補聴器ぶら下げた麻痺男に追い駆けられたら、どなたでも逃げ出すかと・・・。これは、もし何々の歌です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月17日

舩後流短歌

二枚舌効くは雉(キジ)・犬・お猿まで 人たる桃にほざけば切られ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月16日

舩後流短歌

よく無事で健常人(びと)ならことは楽 難病人(びと)にはオペにして闇

メモ:私がオペを受けました難病専門の病院にあっても、ALS患者の胆嚢・胆石摘出手術をした事は、過去一回しかないそうです。それゆえか、私は何度もこの手術には危険と後遺症が、伴う事を聞かされました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月15日

舩後流短歌

腹の石期待よせてはみたものの 聖夜独りでカラコロせいぜい

メモ:石はウズラの卵を一回り大きくした物をメインに、パチンコ玉サイズが幾つかありました。でも、色が土気色!最悪!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月14日

舩後流短歌

目を覚まし知らぬところとおののくも 地獄にあらず笑顔其処此処
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月13日

舩後流短歌

さりとても他に道なしゆえゆかむ しこうして我戻ることなく

メモ:だからと言いって他に道はないんだから行くしかないよ、加えて俺には戻ろうという気がないのさ。
posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌

2010年12月12日

舩後流短歌

きみはっす言葉に目元潤ませて 消すはオペへのもしやの覚悟

メモ:間もなく受ける胆嚢・胆石摘出手術に際し、思いもしなかった女性から励ましの言葉をかけて貰っての歌です。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月11日

舩後流短歌

オペ間近 思いぞつもる雪のごと 語れば雪崩れかくはほぞかず

メモ:間もなく、胆嚢・胆石摘出手術を受けます。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月10日

舩後流短歌

星に飛ぶ波間の光にともなわれ 青を臨みて片道のみの
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月09日

舩後流短歌

紅葉(もみじ)に生まれ色づく葉はいかほどぞ 人とておなじかくはゆくのみ

メモ:七五五七七の短歌です。友人の写真より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月08日

舩後流短歌

秋の葉は朱・赤・茶となり枯れ落ちむ 命色とし人楽しませ

メモ:友人の写真より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2010年12月07日

舩後流短歌

誕生花(か)しらねど母に花の香と おもうもゆけぬこの身ぞ見つめ

メモ:今日12/7の誕生日の花は、セントポーリア(アフリカすみれ)だそうです。花言葉は、小さな愛とか・・・。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。