2011年03月13日

舩後流短歌

ひとり持つ瞋恚(しんい)の罰にいかづちか 奥の千人骸(むくろ)にしても

メモ:瞋恚⇒自分の心に逆らうものを怒り恨むこと。奥⇒福島・宮城・岩手・青森。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月12日

舩後流短歌

沈む陽よ何の試練か告げられよ 多くを連れて西にゆくをを

メモ:太陽の沈む真西にあるは、浄土(西方浄土)という彼岸のいわれと、此の度の震災犠牲者を重ね詠む。黙祷
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月11日

舩後流「俳句」

学び舎(や)に飾れぬ花(か)とし卒業す
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月10日

舩後流「俳句」

季語で行く寝たきり春の五街道


メモ:五街道⇒東海道・中山道(なかせんどう)・日光街道・奥州街道・甲州街道。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月09日

舩後流「俳句」

木の芽時木々も知らぬ間色まとう
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月08日

舩後流「俳句」

俳句:セーターを干して歯鳴らす衣更着

メモ:衣更着=きぬさらぎ(陰暦二月)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月07日

舩後流「俳句」

俳句:淡雪のかんざし一つ娘子(をとめ)かな
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月06日

舩後流「俳句」

俳句:梅の地や写真観望旅とせむ
メモ:友人の写真より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月05日

舩後流「俳句」

俳句:啓蟄のざわめき遠く独り床(とこ)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月04日

舩後流「俳句」

俳句:けんげかな世の肥(ひ)とあえぐ人のさま
メモ:けんげ⇒れんげそう、蓮華草は、緑肥にするため水田に栽培されるそうです。「人も社会という名の田の、肥料のようなもの」と考え、句にしてみました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月03日

舩後流「俳句」

俳句:娘花咲くはこの日ぞ雛祭り
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月02日

舩後流短歌

己が道辿らぬ内に後向く 下司の輩の臥す場世に無し
メモ:おのがみちたどらぬうちにうしろむくげすのやからのがすばよになし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年03月01日

舩後流「俳句」

俳句:見知らぬも響き懐かし母子草
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月28日

舩後流「俳句」

俳句:寒あけを人膝無視す猫で知る
メモ:友人の写真より。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月27日

舩後流短歌

春 戦(いくさ)散るは桜や民ばかり 花見も禊(みそぎ) 酌(く)むもの涙
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月26日

舩後流短歌

ゆく道はおぼろおぼろと葛(くず)のごと お先見えねもなかなかおかし
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月25日

舩後流短歌

日が出(いずる)心新たに歩みだせ 昨日は昨日何事もけふ(今日)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月24日

舩後流「俳句」

俳句:大欠伸数え切れねば春深し
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月23日

舩後流「俳句」

俳句:きみが春連れて来るよに花萌ゆる
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月22日

舩後流「俳句」

俳句:暗き雲裏に広がる春恋し
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月21日

舩後流「俳句」

俳句:石蹴れば春の音(ね)ひとつ通学路
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月20日

舩後流短歌

子守唄うたいて渡る彼岸橋 母の名叫ぶ花床に臥すも
メモ:昨年死した学生を偲び詠む。彼岸橋⇒あの世に渡る為の橋(※造語)。花床(かしょう)⇒花弁の寝床(※造語)、臥す⇒寝る
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月19日

舩後流短歌

我が使命それは就労他(た)にあらず 下る事には否をも辞さず
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月18日

舩後流短歌

僕の声病気が消したこの声に サンキュー言えずごめんねシィーユ!
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月17日

舩後流短歌

なくしてもなおも多くを創り積み 筑波・富士をもしのぎて笑え
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月16日

舩後流短歌

真のきみ追うものそれぞ今のきみ 遅れるなかれ真のきみたれ
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月15日

舩後流短歌

聞き逃すラジオ今日だけチャト・ベーカー これも人生そして人生
メモ:チャト・ベーカー⇒アムステルダムのホテルで転落死した、天才ジャズミュージシャン。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月14日

舩後流「俳句」

俳句:静かなりバレンタインデーチョコ舞う日
メモ:バレンタインデーは、季語だそうです。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月13日

舩後流「俳句」

俳句:金盞花静かの中に静か立つ
メモ:金盞花の日本に於ける主生産地は、淡路島だそうです。私は島から静かを連想し、“きんせんかしずかのなかにしずかたつ”と綴りました。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌

2011年02月12日

舩後流短歌

外は闇それ伝い行く道無くも 止まる事無く“気”絶えても“生き”
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。