2009年02月03日

今日の産経新聞です。お時間のある時にでもお読み下さい。【舩後】

2月3日8時4分配信 産経新聞社会面
もう一度ギターが弾ける 湘南工科大 ALS患者の助手とともに開発へ

写真
昨年11月の福祉イベントで文字盤を使って会話する舩後靖彦さん(右から2人目)と山田雅彦さん(左から2人目)=湘南工科大提供(写真:産経新聞)

 障害者や高齢者が使いやすい福祉器具の開発を目指す湘南工科大(神奈川県藤沢市)が、全身の筋力が急速に衰える難病のALS(筋委縮性側索硬化症)でも演奏できるギターの開発に取り組んでいる。非常勤助手を務めるALS患者の舩後(ふなご)靖彦さん(51)も協力。作詞担当としてバンド活動をしている舩後さんが「もう一度ギターが弾けたら」と願う夢は、学生とともに歩き出した。(今泉有美子)

生きる思い託した160首…舩後さん出版の短歌集が反響

 同大は昨年秋、寝たきりのまま人工呼吸器で生活している舩後さんを非常勤助手として採用。福祉器具を使う立場からアドバイスをもらったり、普段から障害者と接することで倫理観の高いエンジニアを育てる目的があった。

 ALSは難病に指定されており、国内に約7000人の患者がいるとされる。

 舩後さんは約10年前に発病し、3年後には自力で呼吸できなくなった。視力や聴力などは衰えないため、文字盤を介して会話ができる。顔のしわの微妙な動きを読み取る特殊なセンサーを額に装着すれば、パソコンでのメールも可能だ。

 舩後さんと器具の共同開発を行う授業は昨年12月から始まった。

 4年生の山田雅彦さん(23)が開発を担当。パソコンと同じように、しわを動かしてセンサーに反応させ、センサーが弦の上に取り付けた特殊な機械を操って奏でるギターを想定している。山田さんは「弾いている実感をもってもらうため、特にリズムを敏感に察知するギターにしたい」と意気込む。

 舩後さんは同じ病気に苦しむ人の相談にメールで答える「ピアサポート」の活動中、男性患者の自殺を思いとどまらせたこともあったという。その後、「病気に打ち勝つ姿を示せば、同じ病気に苦しむ人を励ませるかもしれない」と考え、積極的に各地で講演活動をし、自作の短歌や詩を披露している。

 非常勤助手の就任要請も舩後さんの活動を知った同大学が依頼。「学生さんが器具を使う患者の笑顔を見て、助け合う喜びを知ってもらえれば」と快諾した。

 学生時代はプロを目指すほどのギターの腕前だったといい、発病後に闘病生活を通じて親しくなった介護福祉士らとフォークバンド「あるけー」を結成し、舩後さんが作詞した曲が定期公演で演奏されている。

 今秋に公演の予定があり「その時までに完成したら、ぜひとも舞台で演奏したい。もう一度ギターの演奏ができるなんて、これ以上の喜びはありません」と舩後さん。ギターの完成を心待ちにしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000016-san-soci
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 日記

2009年01月25日

難病ALS男性を非常勤助手に/福祉器具開発へ藤沢の湘南工科大

暮らし・話題 2009/01/10  

湘南工科大学(藤沢市辻堂西海岸)が、難病の筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)と闘う男性を非常勤助手として採用している。同大は障害者向けの福祉器具の開発に取り組んでおり、実際に使う側からアドバイスを受けるのが狙いだ。難題克服へ学生らと日々研さん。ものづくりの可能性が広がっている。

 助手を務めているのは、千葉市に住むALS患者の舩後靖彦さん(51)。〜後略〜以下の記事は、次のウェブでお読み下さい。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjan0901198/
posted by YF at 11:56 | コメント(1) | 日記

2009年01月11日

お知らせ

来たる23日金曜日19時からBS7チャンネルにて、私が30分ほど出演した" 命ある限り精一杯生きる " と題する2時間番組が再再再放映されます。ちなみに私のコーナータイトルは" 壮絶 ! 魂の詩人〜行動するALS・ふなごやすひこ "と言う、思わず赤面してしまうようなタイトル名で、私のコーナーは20時過ぎからの放映かと思います。ご都合がよろしい方は、是非!ご覧下さい。尚、テレビ局の都合で、放映が中止される場合がありますのでご注意下さい。

【舩後】
posted by YF at 22:19 | コメント(2) | 日記

2009年01月01日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。舩後でございます。本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

平成21年1月吉日 舩後靖彦
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 日記

2008年11月02日

記事のご紹介【舩後】

●記事のご紹介【舩後】

お世話になります。舩後でございます。以下に拙著、『しあわせの王様』の産経新聞さんの記事を、僭越ではございますがご紹介させて頂きます。尚、かなり長い記事ですので、掲載頂きましたウェブも2ページに渡ります。では、失礼致します。

平成20年10月28日(火曜日)産経新聞文化欄
生きる思い託した160首 難病と闘う患者の短歌集、静かな反響

『しあわせの王様』(舩後靖彦、寮美千子共著、) 全身の筋肉が衰え寝たきりとなる難病、筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)(ALS)と闘う千葉市の舩後(ふなご)靖彦さん(50)が、自身の半生と、懸命に生きる日々の思いを短歌160首に託した著書『しあわせの王様』(小学館)が静かな反響を呼んでいる。・・
・・・・続きはウェブで、お読み下さいましたなら幸いです。
                   ◇
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081028/acd0810280815002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081028/acd0810280815002-n2.htm
posted by YF at 09:48 | コメント(2) | 日記

2008年08月25日

★!★☆!☆★!★ ご 案 内 ★!★☆!☆★!★

みなさま ! いつも、大変お世話になります !
目ならば動く ! (というか…目しか動かせない)
自称 『ゼンシン・マヒ・ミュージシャン』 の舩後でございます。

この度、私同様の難病で苦しんでいらっしゃいます皆さまやいろいろな事で繋がらせて頂いている沢山の皆さまに、私の姿や生き様を見て頂くことにより、

『 人間どんな姿になっても人生楽しめるんだ ! 』

と、思い、感じて頂くためのイベント活動資金を捻出いたしたく、『ALSサポートプロジェクト・ふなご』という物品販売オフィスを、末広がりの「八」にあやからんと、この八月に立ち上げました。
皆様の「ご利用」という「ご協力」を、心よりお待ち申し上げております。
合い言葉は 『やっぱり、買うなら "ふなご" から』 『やっぱり、買うなら "ふなご" から』よろしくお願いいたします。
失礼致しましたッ !

なお、このメールには代筆者が存在いたします。
多少の脱線は大目に見てあげてください。
【舩後】


★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★
詩(うた)のアトリエ『 ALSサポートプロジェクト・ふなご 』のご案内
★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★☆!☆★!★

上記の物品販売オフィスを立ち上げさせていただきました。
詳細は以下のWEBでもご覧頂けます。
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/support.html

★!★ ご購入方法のご案内 ★!★

1. 購入ご希望のお品物をお電話にて下記担当者にお申しつけ下さいませ。

☆!☆ 080-5450-6137(担当:金子) ☆!☆

2. お電話にて、お振込み口座をご案内致します。
3. お客様よりのお振込みを確認させて頂きました後、速やかに商品を発送いたしますが、到着まで1週間ほどご猶予くださいませ。
4. 誠に恐れ入りますが送料のご負担をお願いさせて頂いております。
本、CDともに、メール便にてお送り致します。料金は、以下が目安となります。
● CD1枚〜2枚 80円 CD3枚 160円
● 本1冊 160円 ※2冊以上はご注文時にお知らせいたします。

※ 領収書は、振込用紙控にてかえさせて頂きます。ご了承下さい。
※ 万一破損、汚れなどがございましたら、速やかにご対応させていただきます。

★!★ OPEN記念として次の2作品を販売致します ★!★

1. 『 しあわせの王様 』… 分類:書籍

価格 : 1,575円(税込)
出版社 : 小学館
著者 : 舩後靖彦、寮美千子
『泉鏡花文学賞』受賞作家、寮美千子先生と私の共著です。

発病前後から今現在までの私の生き様を、それまでのいろいろな出来事と絡み合わせて綴り込みました。
私が作った「短歌」や「詩」や「講演用原稿」と寮先生の卓越した、力のある文章とで織りなす物語のようなノンフィクション・ドキュメントです。
「しあわせの王様」っていったいどういうこと? 等、様々な疑問やもの言えぬ私がお伝えしたい心を、精一杯表現させていただいたつもりです。
今の私の想いがよく解って頂ける素晴らしい本になりました。
読後に湧きおこる静かなる「力」を感じて頂ければ幸いです。

尚、様々なご事情により本書を介護者さんの手助けなしにお読みになれない皆さまのために、パソコンにてお読み頂けますよう表紙のカバーに“文字データ請求券”がございますのでご活用下さい。

本の詳細は下記WEBでもご覧頂けます。
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/book.html

2. 『 夏祭り君と 』… 分類:CD(4曲入り)

価格 : 300円(税込) 初回プレス限定お披露目価格です !
企画 : 大阪の『未来を作るあすなろ元気ネット』
製作 : 大阪の『サポートM&M』
協力 : 福岡の『ALSサポートプロジェクト』

これまでにも、私の詩に多くの方々が曲を付けてくださいましたがこれが一つの形になりました。4曲入りCDのリリースです。
収録曲は以下の通りです。是非ともご一聴くださいませ !

◆収録曲

『 夏祭り君と 』
作詞:舩後 靖彦 作曲:大津 弘之 編曲:島本 浩光 演奏:ALSサポートプロジェクト

『 愛と夢に包まれて 』
作詞:舩後 靖彦 作曲:島本 浩光 編曲:島本 浩光 演奏:ALSサポートプロジェクト

『 だから僕は生きている 』
作詞:舩後 靖彦 作曲:柿木田克己 編曲:島本 浩光 演奏:ALSサポートプロジェクト

『 As the PAPA of ALS(不治の病に冒されし父として) 』
作詞:舩後 靖彦 作曲:柿木田克己 編曲:島本 浩光 演奏:ALSサポートプロジェクト

全歌詞等CDの詳細は下記WEBでもご覧頂けます。
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/cd01.html

★!★ 連絡先等 ★!★
名称:『ALSサポートプロジェクト・ふなご』
代表:舩後靖彦(ふなごやすひこ)
住所:〒261-0004
千葉市美浜区高洲1-14-6-402
電話080-5450-6137(携帯/担当:金子)

以上でございます。皆様是非!ご利用下さいませ。
心よりお待ち申し上げております。
【舩後】
posted by YF at 20:54 | コメント(0) | 日記

★!★ 第七回 " 舩後ファミリー・ライブ " 開催 ! のお知らせ ★!★

いよいよ来る2008年10月4日(土曜日)に
恒例となりました" 舩後ファミリー・ライブ "を開催させて頂きます。
おかげさまで「第七回」を迎えることが出来ました。
これもひとえにご来場・ご参加の皆様のお力添えがあればこそ…
本当にありがとうございます。
今回もまた、お忙しい中のお願いで恐縮ですがお友達・ご家族お誘い合わせの上ご来場賜りますよう、私も含め出演者一同(お店の方も…笑)で、お持ち申し上げております。
僭越ながらこの日はちょうどワタシの51回目 ! の誕生日。
さらにこの夏「しあわせの王様」と題したワタシの本を小学館さまより出版する事ができました。
など、例年にも増して、思い出深いファミリー・ライブになりそうです。
また、今年はワタシの外出許可時間が「17時までには帰る」と言う健康状態をも、考慮されたものになった都合で、開催時間が例年になく早くなりました。
その分どうか、Live後の皆様のご交流にお役立てくださいませ。

● 開催日
2008年10月4日(土曜日)

● 時間
→開場12:30から
→開演13:00〜 終演16:00

● 会場
「楽屋」(旧店名 Music Cafe 92)
店長「多幸詩(たこし)」ことアーティストの佐々木さん、高校時代の同級生
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
電話番号 043-202-5592
→URL
http://www.gakuya-itv.com/
→Google Mapで場所をご確認くださいませ
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=千葉市中央区中央 3-15-14三好野ビル3F
→お店でご用意しているMAPです
http://www.gakuya-itv.com/access/index.html

● チャージ(税込)
1000円(ワンドリンク付き)のお願いでございます。

● Special Thanks
ご来場先着30名様に豪華プレゼントをご用意させていただきました。お楽しみに !


★!★ 出演者 & 企画のご案内 ★!★

● ご存知 ! のレギュラー陣
○ 舩後シスターズ(ピアノ演奏と詩の朗読のコラボレーション)
姉のピアノ伴奏と、私(舩後)が作った詩&短歌の朗読。
○ あるけー(アコースティック・ロック・バンド)
私(作詞) & あるけー(作曲・アレンジ・演奏)でお届けするアコースティック・ロック・バンド。
○ ザキドン溝口とヒロ田辺(旧バンド名:ハンカチおジン)
とにかく上手い!キーボードとパーカッションのグレートデュオ。

● " ほぼ " デビューの友情出演
○ ふなごつ(FunagOtsu)の大津弘之さん
私が全作詞(20曲)をしました。シンプルフォークユニット『ふなごつ』の作曲担当者でもありシンガーの大津さんの “ ほぼ ” デビューライブ !
" ふなごつ " の全歌詞については以下のWEBでご覧頂けます。
WEBページ上部ワク内の『ふなごつ』の歌詞をご紹介をクリックしてください。
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/index.html

● SPECIAL企画その1
○ KUROHIGEDON(黒肱俊一さん) with あるけー
(ヴォーカリスト "KUROHIGEDON" とあるけーのコラボレーション)
伝説のバンド「ブルーワーカーズ」をアコースティック・ロックで再現。
KUROHIGEDONの迫力あるヴォーカルが皆様の魂を揺さぶります。

● SPECIAL企画その2
○うら若きゲストによる私の曲付き短歌の発表 !
2005年日本ピアノ研究会関東主催の第5回北関東Aジュニアピアノコンクール(V過程)で見事優秀賞と高崎市長賞を受賞した、自閉症の美少女間庭麻未さん登場 !
私が作詞した「妖精たちの願い」を歌って頂けた彼女が今回は私の短歌に、姉が作曲してくれた曲を歌ってくださいます。

● SPECIAL企画その3
○ 「しあわせの王様」制作秘話 !?
今年の夏に出版いたしました私の本「しあわせの王様」。
編集をご担当くださった葉月社の伊藤啓子さまからその制作秘話をお話し頂きます。
どんなお話がでてくるやら ? 乞うご期待 !
尚当日、本の即売もさせていただきますのでよろしければご利用くださいませ。

● SPECIAL企画その4
○ 「ナイスな歌詞集」 !
今回のライヴでは演奏される全ての曲を掲載した、簡易ではありますが小冊子「ナイスな歌詞集」をご用意いたしました。
演奏曲をより身近に感じていただければ幸いです。
また、ご存知の曲などありましたら、ご一緒にお歌いになっては如何でしょうか?
ただし、演奏者よりお上手には…いやいやみなまで言うな…ですネ。

◎出演者一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

●舩後靖彦(ふなごやすひこ)
『舩後ファミリーライブ』のWeb& Blog
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/index.html
http://funagofami.exblog.jp/
『舩後流短歌』のBlog
http://funago.seesaa.net/
『舩後流再チャレンジ』のWeb
http://plaza.umin.ac.jp/custwork/funago/
posted by YF at 20:52 | コメント(1) | 日記

2008年08月16日

特別短歌/七月の良き日を詠う

空今や雲ひとつなく澄みあとは 夢への梯子昇りきるだけ

メモ:七月末日、『泉鏡花文学賞』受賞作家の寮美千子先生と共著致しました、『しあわせの王様』が出版されました。お力添え下さいました皆様と、未来の読者様へ捧げたく思います。
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月27日

舩後でございます。/本のご案内

いつも、大変お世話になります。舩後でございます。この度、泉鏡花賞受賞作家の寮美千子先生や小学館様をはじめ、多数の皆様のご協力のもと、私の半生と短歌を記した本が出版の見込みとなりましたので、ここにご案内申し上げます。ご協力下さいました皆様には、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。【舩後】
※私ごときの半生ではございますが、もしご興味下さいます時には、お近くの本屋さんからご注文頂けましたなら幸いです。

happyking.gif
Amazonで注文
s-booksで注文

●ご案内

ALS はじめて耳にするその名 医師の宣告余命三年

不治の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されながらも、常に前向きに生きる男・舩後靖彦が、その生き様を短歌に謳う!


「治療法がない」「全身麻痺」「呼吸停止」「余命3年」過酷な宣告に絶望し、どん底に落ちた舩後は、同病の友を支える「ピアサポート」をきっかけに大きく立ち直る。
人を支えるとは、自分を勇気づけること!人生、どんな状況でも楽しめる!
全身麻痺の身で講演やコンサートをこなし、創作活動を続ける『しあわせの王様』舩後の軌跡。


本タイトル/『しあわせの王様』
※全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦

著者:舩後靖彦(ふなごやすひこ)・寮美千子

出版:小学館
価格:1500円+税(1575円)
発売:2008年7月31日

※ほぼチラシ文に同じ。
※本書は、舩後自身の手による短歌と、寮美千子が執筆した本文とのコラボレーション。本文は、舩後が講演用に書きためた原稿と、関係者への取材をもとにしている。


以上でございます【舩後】
posted by YF at 11:34 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月06日

「舩後ファミリーライブ」 企画進行中 !!!!

さぁ、ここからはお知らせです。
「舩後ファミリーライブ」 企画進行中 !!!! です。
皆様のご支援・ご協力・盛り上げのおかげをもちまして
「第7回」を迎えることができます。
僭越ながらその日時はワタシの誕生日である「10月4日」(土曜日)
場所は「ミュージックカフェ'92」改め
その姿もリニューアル・オープンした「楽屋」さん。
http://www.gakuya-itv.com/index2.html
皆様と一緒に楽しめるライブを企画中です。
以下そのご案内文の一部(案)を掲載させていただきます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


★ 第七回 " 舩後ファミリー・ライブ " 開催 ! のお知らせ ★
いよいよ来る2008年10月4日(土曜日)に
恒例となりました" 舩後ファミリー・ライブ "を開催させて頂きます。
おかげさまで「第七回」を迎えることが出来ました。
これもひとえにご来場・ご参加の皆様のお力添えがあればこそ・・・
お忙しい中のお願いで恐縮ですが
今回もまた、お友達・ご家族お誘い合わせの上ご来場賜りますよう、
私も含め出演者一同(お店の方も・・・笑)で
お持ち申し上げております。

● 開催日
2008年10月4日(土曜日)
● 時間(案)
→開場18:30から
→開演19:00〜 終演22:00
● 会場
「楽屋」(旧店名 Music Cafe 92)
店長「多幸詩(たこし)さん」・・・高校時代の同級生
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
→URL
http://www.gakuya-itv.com/index2.html
→お店でご用意しているMAPです
http://www.gakuya-itv.com/access/index.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


こんなカンジです(笑)。

う〜〜んと楽しいライブになるようスタッフ一同ワクワクしながら
企画中でございます。

「ふ〜〜」代筆者も疲れたようなのでこの辺で・・・

お願いばかりで恐縮ですが、なにとぞ皆様のお力で
この web & ブログを育てていただければ幸いでございます。

それでは !!
次回のお知らせ&ご案内をお待ちくださいませ。

【舩後】
posted by YF at 08:57 | コメント(4) | TrackBack(0) | 日記

「舩後ファミリーライブ」の web & ブログ

舩後でございます。
ご案内とお知らせでございます。

皆様にはご支援・お力添え・ご協力等いつもお世話になっております。
本当にありがとうございます。
さて、今回のメールですが先日お知らせさせていただきました懸案の
「舩後ファミリーライブ」の web & ブログがようやく出来上がりました。
今までも皆様のご支援・ご協力のを賜り後述のような
web & ブログを運営させて頂いておりますが
こちらは、おかげさまで定期的には 6回開催させて頂いている
「舩後ファミリーライブ」に特化した web & ブログです。
以下そのアドレスです。

「舩後ファミリーライブ」 web
http://www.ne.jp/asahi/jmp/vg/silk/index.html

「舩後ファミリーライブ」 ブログ
http://funagofami.exblog.jp/

ブログはライブのご感想やご意見、またスタッフ様の掲示板的にも
お使い頂ければ幸いです。
皆さまの「コメント」はログイン無しでご入力頂けますし、
「投稿」等お願いできれば、お手数をおかけいたしますが
ブログ左側の「管理者へメールを送る」でその旨メールをお送りください。
後ほど管理者より「パスワード」を記したメールをご返信させていただきます。

なお、最近麻痺が進みメールが困難となりまして
みなさまからのコメントやご投稿への書き込みが思うようにできませんが
ファミリーバンドである「あるけー」の皆様や有志の皆様が
この運営のサポートをしてくださいますので
その繋がり等もお楽しみ頂ければ幸いでございます。

web = ホームページは
「舩後ファミリーライブ」 のお知らせや記録として育てて頂ければと思っています。
まずは直近に開催いたしました
「第1回 みんなでつくる学校とれぶりんか & 舩後ファミリー ランチコンサート」の
模様を掲載させて頂いております。
ワタシもちょくちょく見て、その時を思い出し、
また次への企画へと心躍らせたりしています。
なお、こちらに掲載している写真や音は
Michael Broadcast(ミカエルブロードキャスト)合同会社 下枝様
http://www.michaelbroadcast.net/index.html
の撮影のよるmovieに多くの素材を頼りました。
多大なるご協力を賜りました事をこの場を借りて御礼申し上げます。
ご出演やスタッフの皆様にも感謝、感謝でございます。
そしてご来場いただきました皆様 ! 「感謝 x 百万回」でございます。
本当にありがとうございました。

さてさて長文となってしまいましたが
このメールには「代筆者」が存在いたします事をご了承くださいませ。
ワタシは校正で参加(笑)デス。

【舩後】
posted by YF at 08:56 | コメント(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月04日

舩後でございます。/お知らせとお願い

先日(4月29日)開催させて頂きました「舩後ファミリーライヴ」では、
皆様の多大なるご高配、ご尽力を賜りまして、
無事にそのプログラムを進行する事ができました。
心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
また今回試みとして、これまでの出演者と共に
大阪より「みんなで作る学校とれぶりんか」様のご賛同をいただき
そこのメンバーでもある素晴らしいアーティストの皆様とも
一緒に活動する事が出来ました。
このような繋がりを是非とも「今後」に広げていきたい所存です。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
なお、最近※麻痺が進みメールが困難となりました。
このメールには「代筆者」が存在いたします事をご了承くださいませ。

さて、今回「舩後ファミリーライヴ」専用ブログを作ろうと企画が進んでいます。
目的といたしましては
●ライヴの「告知」「報告」「提案」「事前確認事項の周知」等
●ライヴの「中身」(プログラムや歌われた歌詞等の掲載)の「お披露目」
●ワタシとお客様やスタッフさまとの「交流」
●次に繋がる「広報活動」等
●リンクによる関係諸団体との「繋がり用」等です。

運営主催はワタシ、舩後靖彦が
皆様にはコメント書き込み等でのサポートをお願いしながら、
ガンバッテ(笑)担当させていただきます。
ヘルパーとしてはとりあえず(陰で)「あるけー」メンバーが中心となりますが
関係者の皆様やお客様皆様で共有できる場にします。
携帯にても閲覧可能にするつもりです。

そこで、お願い事で恐縮ですが
先日(4月29日)行われたライヴの模様を撮影してくださった方で
そのお写真をご提供いただけましたら
下記メールアドレスまでメール添付にてお送りいただけませんでしょうか?
出演者や運営者、お客さまのご様子など
差し障りの無い限り、もれなく掲載したいと思っています。
saito@jamp-net.com
(サイトウジョウイチくんまで)
写真サイズは 800 x 600(72dpi) 程度。
困難やお手数の場合はそのままお送りくださいませ。
期日は特に締め切り等ありませんが、5月中の掲載を目指しているため
出来る限りお早めにという事でご了承くださいませ。
なお、ブログリリース後は、みなさま個々で記事やお写真を
載せて頂く事も可能になります。
記事掲載のためのパスワード等は後日お知らせさせていただきます。

ゆくゆくは、そのライヴ映像など、これも差し障りの無い限り
YouTube 等に掲載する事によってこの活動の輪をさらに広げてみたいというのは
「夢」の話となりましょうか・・・

以上勝手なお願いではありますが、よろしくお願いいたします。

【舩後】
posted by YF at 12:57 | コメント(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月03日

4/29火曜日、第一回★フリースクールとれぶりんか&舩後ファミリー▼ランチコンサートのご案内

いつも、大変お世話になります。千葉市のALS患者、舩後でございます。

私は現在、健常者の舩後ファミリー(『あるけー』『舩後シスターズ』『ハンカチおジン』)とともに、『生き甲斐見せて、生きざま示せ』を合言葉に講演やライブをすることにより、多くの方達に私の・全身麻痺・喋ることが出来ない・人工呼吸器使用・口から物を食べられない、姿を観て頂き、「人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイ出来る!」と言うことを知って頂くための活動を致しております。

こんな私どもの活動に、私が歌詞を書きました『怒らないで』と言う歌を、“歌って頂ける方を探す活動”をきっかけに共感下さいました、関西を中心に不登校児、肢体不自由児や家族、友人らが公演活動を続けるフリースクール「みんなでつくる学校 とれぶりんか」さんと4月29日、障害者・健常者が共に暮らせる街を目指すここ千葉県でより活動をご理解を頂くべく、下記のようにランチコンサートを致します。

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。宜しくお願い致します。

@スケジュール
●4/29火曜日
13:00開場
13:00〜14:30お客様、バイキングにてお食事
・料金\1,500(私どもにお支払い頂きますが、全額店に納めます/通常\1,600)
・シルバー及びお子様料金あります。
14:30〜16:30コンサート

Aプログラム
14:30開演
14:35〜14:45フリースクールとれぶりんか校長中川氏ライブトーク
14:45〜15:00関西の煌き!とれぶりんか音楽部代表『西谷 優』ライブ
15:05〜15:20西で人気沸騰!とれぶりんか『スマイル』ライブ
※彼らに密着しているテレビ局の取材スケジュールによっては、来られない場合がございます。ご了承下さい。
15:25〜15:35舩後作の詩の朗読、千葉の安らぎ『舩後シスターズ』
15:40〜15:55聴いて損無し!ジャズ&フュージョン『ハンカチおジン』
16:00〜16:15舩後自慢のバンド!アコースティックロック『あるけ−』
16:20〜16:30参加ユニットによる『怒らないで』の合昌(指揮/とれぶりんかの皆さん)
※是非!お客様もお歌い下さいませ。当日、歌詞カードを差し上げます。
16:30終演

B会場
●「四季こよみ」
営業種目 旬の無農薬・自然食レストラン 住  所 千葉県千葉市美浜区稲毛海岸2-3-10
PAT稲毛PLAZA A3号館2F
電  話 043−238−1371
ホームページURL http://www.shikikoyomi.com/

C▼楽曲『怒らないで』について
『怒らないで』は、山口県下関市の村岡範之さん(66)と千葉市美浜区の舩後(ふなご)靖彦によりつくられた楽曲です。

村岡さんはマッサージ師。白内障のため、幼少の時から目が見えません。それでも独学でピアノやギターなどの楽器演奏を続けられ、見事にそれらをマスターなされました。私との出会いは、障害がある音楽愛好家のインターネットのメーリングリストです。

「もし宜しければ歌詞を書かせて下さい」。そんなメールを昨夏、出させて頂き作曲のご快諾を下さいまして、2007年9月完成しましたのが『怒らないで』です。

これは、2006年5月ALSで亡くなくなった親友が、きっとこう言う思いを抱(いだ)きながら旅立ったのではと想像し書いた歌詞です。私はこれを、愛する人に先立たれた或いは先立たれるかもしれない、全ての方々と僭越ですが妻子に捧げたく思っています。

亡くなる、それは勿論悲しいことです。でも、詞にも書かせて頂きましたが、自分より先に旅立った人にも、いつかは会えると信じれば元気が出ます!

私どもはこのことを、勿論私の想像にすぎないのではありますが、歌って頂ける方を探し、その方たちと共に伝えてゆきたいと、願ってやみません。

2007年9月
全身麻痺・唖者・人工呼吸器使用のALS患者
舩後靖彦(ふなごやすひこ)


Dお越しを頂けます方は、お手数をおかけしますが、舩後靖彦までお知らせ下さいませ。

※予め人数を把握したいと言う四季こよみの指示でございます。ご迷惑をおかけ致しますこと、心よりお詫び致します。

♪お問い合わせは下記です。

舩後ファミリー(担当:『舩後シスターズ』金子)
電話番号:090-2733-3695

【舩後】
posted by YF at 19:36 | コメント(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月10日

舩後でございます。/今週も宜しくお願いします。

先週の配信をお読みになられた数多くの皆様より、あたたかきご声援を頂けましたこと、心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

ご安心下さいませ。私は落ち込んだりなどしておりません。いやいや正直、メールが打てない日の分、いつもにまして忙しく立ち回っておりました。落ち込む間もないほどに。

こんな私ではございますが、今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。【舩後】
posted by YF at 19:30 | コメント(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月01日

行事

@講演(参考掲載)

日時:平成20年2月27日(水)13:30〜15:30
場所:国保松戸市立病院附属看護専門学校3階実習室(講堂となります)
対象者:看護学生117名及び教職員
テーマ:はっきりしたものはありません。


Aコンサート/ "みんなで作る学校とれぶりんか"

日時:平成20年3月20日(木)12:50〜16:30
場所:ラ・ポール枚方 4階 大研修室
内容:一部・子供劇団公演「白鳥のうた」
二部・音楽部
プログラム
12:50 OPEN
13:20 挨拶 ハンドベル
13:30 演劇スタート
14:20 休憩
14:30 音楽スタート、 SON59
14:45 『あるけー』
15:05 リエ
15:20 斎藤慶多
15:35 小玉哲也
15:50 メグ  
16:05 ニシタニマサル
16:20 みんなでソング
16:30 終わり

対象者:一般
テーマ:「とれぶりんか バリアフリーコンサート、障害を持った子供も健常児も共に出演」
特別出演:舩後靖彦withあるけー(アコースティックトリオ)


Bコンサート/「スピリットソウルミュージックフェスタ(SSMF)」前夜祭

日時:平成20年4月2日(水)開場17:30開演18:00
場所:前橋市民文化会館 小ホール(600人)
対象者:一般
ユニット:『舩後シスターズ』

・ジャンルは詩の朗読。
@『レモンツリー伝説』舩後オリジナルの詩の朗読
A『母の弁当』舩後オリジナルのショートエッセイの朗読
B『この部屋にある調べ』舩後オリジナルの詩の朗読
・一言メッセージ-
「目しか動かせない“魂”の詩人の心を、古典ピアノ曲にのせ朗読致します」
・18時20分〜30分。


C講演(参考掲載)

日時:平成20年4月18日(金)17:00〜18:30
場所:上智大学
対象者:学生
テーマ:はっきりしたものはありません。
posted by YF at 22:03 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

お久し振りです。舩後でございます。/ご挨拶

麻痺が進みパソコンに文字が殆ど打てなくなって丸二ヶ月。悔しさで泣いた日もございましたが、ここにまいりまして僅かながらも書くコツを掴めた気が致しますので、出来得る限り書くことを続けてゆきたく存じます。皆様これからも、どうか宜しくお願い申し上げます。【舩後】

記事ご紹介

毎日新聞 2008年1月6日

楽曲制作:下関の視覚障害者と千葉の難病患者がネット通し
 全盲の視覚障害者と全身を動かせない難病患者が一緒に楽曲を制作した。山口県下関市の村岡範之さん(66)と千葉市美浜区の舩後(ふなご)靖彦さん(50)で、曲は口コミで広がり、強く生きる2人の姿も共感を集めている。

 村岡さんはマッサージ師。白内障のため、生まれた時から目が見えない。それでも独学でピアノやギターなどの楽器演奏を続け、障害がある音楽愛好家のインターネットのメーリングリストで舩後さんと知り合った。

 「よければ歌詞を書かせてほしい」。舩後さんからメールが届いたのは昨夏。元会社員の舩後さんは全身の筋肉がまひしていく難病ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)を患い、ここ10年ほどで寝たきりになった。専用の機器を通して額のしわでパソコンを操作し、詩や短歌を作っている。

 前向きに生きる舩後さんに感服した村岡さんは作曲を快諾し、合作「怒らないで」を昨秋に完成させた。

 ♪怒らないでこの僕を/星で君待つこの僕を


 自分の余命は先が知れず、後に残すであろう妻娘への愛情をバラード調の曲に込めた。曲は2人の友人を通して広まり、3月には大阪のフリースクールのコンサートでも歌われる。舩後さんも参加する予定だ。

 「体を動かせず、目が見えない私たちでもこんなことができた。若い人はもっとできると伝えたい」と村岡さんは言う。「怒らないで」を聴きたい人はメール(funa@mtd.biglobe.ne.jp)で舩後さんへ。歌ってくれる人も併せて募っている。【取違剛】


音楽活動

♪楽曲『妖精たちの願い』について

『妖精たちの願い』は、私が応援致しております女性達と合作致しました楽曲です。応援と申しましても、筋萎縮性側索硬化症で目しか動かせず喋れず、そのうえ麻痺が進みメールさえも困難になった私では、やれることは限られます。皆様、もし宜しければお力添え下さいませ。

作曲者の高橋久美子(31歳/伊勢崎)さんは、高校一年と言う青春真っ只中の時事故で、左足と右腕及び左手の指三本を切断。現在、その悲しみを乗り越えるため、残された指二本でシンセサイザーを操り、懸命に作曲や演奏をされておられます。また歌いますのは、声楽とピアノに生き甲斐を求める間庭麻未(18歳/熊谷)さんと言う、人知れぬ苦労を越え来た自閉症の美少女です。

私は青春の喜びをおそらくは殆ど知らない、この二人の女性の音楽の才能に驚きまた感動を覚え、応援することと致しました。皆様も二人をどうか、宜しくお願い申し上げます。

2008年3月舩後靖彦
posted by YF at 21:48 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月12日

再放送の放映日変更のお知らせ

過日ご連絡致しました私が出演した番組の放映日が、15日から22日へと変更となりましたのであらためて、撮影監督のコメントでご連絡申し上げます。【舩後】

番組の再放送が決まりました。お時間がありましたらご覧ください。

番組名:「いのちある限り 〜 精一杯生きる」
放映局:BSジャパン
放映日:12月22日(土)21時=22時55分
コメント:3人の障害者のオムニバス番組で、私は最後に登場するALS患者の舩後靖彦さんを作りました。肉体が滅びても心(魂)生き続ける人間存在の究極の姿を描きたいと思って作りました。

原村政樹(桜映画社)
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

放映:NHK下関

下関の全盲の方と私が合作致しました曲『怒らないで』を絡めましたローカルニュースを、NHK記者からの連絡を引用し紹介させて頂きます。
【リポートのねらい】
舩後様と村岡様がメールを介して合作されました『怒らないで』が12月8日に初披露(千葉市)されたのにあわせて、ALS患者と全盲のピアニストという2人の心のふれあいをニュースリポートとして伝えたいと考えております。

放送予定は12月12日(水)。
山口県内向け18時10分からのニュースの中で、5分から10分程度の長さを予定しております。

【NHK記者の談】
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

ライブのご報告

最近麻痺が進み長文が書けませんので、司会をしてくれたバンドメンバーのメールから引用してご紹介致します。【舩後】

昨日はお疲れ様でした。
「第六回舩後ファミリーライブ」は大盛況のうちに終わり、本当に素敵な一夜となってよかったです。
きっと出演者・お客さんを問わず、みんなの心に響いたものとなったと思います。

前回のアクシデントもあり、とにかく会の進行をスムーズにするということ、突発的なアクシデントに常に気を払い、迅速に対応するということを考えてやっていました。

僕自身の反省としては、二点ありました。
まず第一点目は、ライブデビューの手話バンド、金久保ファミリーの時に舩後さんの向きを客席へ変えるのをすっかり忘れてしまったこと。
二点目は、NHK下関のインタビューでの文字盤がスムーズにいかなかったことです。
思いの他、文面が長かったので、舩後さんがせっかくおっしゃってくださったことを再度繰り返すことになったり、指差しのタイミングと瞬きのタイミングが微妙にずれていたので、文字列を前後することも多く、舩後さんはさぞかしイライラしたことと思います。
どうもすみませんでした。
看護師さんに初めから書き取りをお願いしていればよかった…と後悔しています。
posted by YF at 00:00 | コメント(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月25日

舩後より、再放送の日時変更をお知らせ致します。

先日お知らせしました「いのちある限り」の再放送の日程が一週間、遅くなりました。

▼12月22日21時〜22時55分
 BSジャパンにて

【舩後】
posted by YF at 10:42 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月18日

テレビ番組再放送のご案内です。

この3月、私が出演致しましたテレビ番組が、再放送されます。3月に入手致しました、撮影監督のメッセージでご案内申し上げますので、宜しくお願いします。【舩後】

◆ テレビ番組のご案内 ◆

「命ある限り、 精一杯生きる」

2007年12月15日(土) 21時 〜 22時55分
BSジャパン(BS7チャンネル)にて放送

力強く生きる3人の障害者のドキュメンタリーです。

そのうちの一人、ALSという難病で全身麻痺になりながらも、短歌やエッセイを綴り、生きる喜びを伝えたいと行動する舩後靖彦さんを描いた「壮絶!魂の詩人 行動するALS・舩後靖彦」を制作しました。
是非ご覧ください(※私のパートは22時13分頃からかと思います)。

制作 桜映画社 (演出:原村政樹 / 撮影:岩田まき子 / 音声:山谷明彦 / 編集:平澤政吾)

桜映画社(原村政樹)

以上です。
posted by YF at 12:29 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月17日

12/8土曜日、第六回★舩後ファミリー・ライブのご案内

★会場は第四回〜五回と同じです(第一回〜三回とは異なります)。
★スペシャル企画・“障害者が作った障害者へ捧げる曲を世に広める”と言う企画の企画曲、『怒らないで』の発表会を致します。

いつも、大変お世話になります。全身麻痺で人工呼吸器使用の千葉市のALS患者、舩後です。恒例になりました舩後ファミリーライブを、下記様開催させて頂くことと致しましたので、ご案内申し上げます。

今回は、私と全盲の方が合作致しました曲『怒らないで』を、★“障害者が作った障害者へ捧げる曲を世に広める”と言う、私の夢の一つを当ライブのスペシャル企画に位置づけまた核と致しまして、その発表会並びに舩後ファミリー各バンドと各ゲストによる、早目のクリスマスライブを致します。

ご来場、心よりお待ちしてます。失礼します。【舩後】

日  時:12月8日(土曜日)19:00〜22:45

会  場:Music cafe 92(住所等下記)

チャージ:\2,000(ワンドリンク付き)

その他 :先着30名様に豪華プレゼント差し上げます。

−−−プログラムーーー
19:00オープン

第一部ポエムナイト
19:15〜19:30BGM/ポップスピアノ連弾生演奏
19:30スタート
19:35〜19:50ピアノ生演奏による詩の朗読/『舩後シスターズ』
20:05〜20:20★“障害者が作った障害者へ捧げる曲を世に広める”と言う企画の企画曲『怒らないで』の発表会/介護ヘルパー他『金久保ファミリー』
20:35〜21:05ポエムナイトトリ/プロミュージシャン『多幸詩』

21:05〜21:20休憩

第二部テクニカルナイト
21:20〜21:50プロテク/ジャズ&フュージョン『ハンカチおジン』
22:05〜22:45ライブトリ/アコースティックロック『あるけーwithJOKKI!』
22:45エンド

−−−会場詳細ーーー
★Music cafe 92
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
043-202-5592
※千葉銀座通りの県庁よりでauショップの3階です。


以上です。【舩後】
posted by YF at 20:49 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

メッセージ

先週末今週と、ALSの進行からパソコンが打てぬようになり、すっかり掲載が遅くなってしまいました。どうか、お許し下さい。【舩後】
posted by YF at 20:47 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月23日

ライブのご案内!

【7/21土曜日、第五回★舩後と仲間達のライブのご案内】

★会場は第四回と同じです(第一回〜三回とは異なります)。
★スペシャル企画・ろうの方が手話で一曲ボーカルをとられます。

いつも、大変お世話になります。ALS患者、舩後です。恒例になりました舩後ファミリーライブを、下記様開催させて頂くことと致しましたので、ご案内申し上げます。今回は、この夏のライブのために、意思伝達装置‘伝の心’のメーカーの方と私とで書き下ろしたテーマ曲、『夏祭り君と』を、ろうの方に手話で歌って頂く“体で感じて手で歌う歌を眼で聴こう”のコーナーを核に、一味違った土曜の夜をお届け致したく思っております。どうかご期待下さいませ。ご来場、心よりお待ちしてます。失礼します。【舩後】

日  時:7月21日(土曜日)19:00〜22:25

会  場:Music cafe 92(住所等下記)

チャージ:\2,000(ワンドリンク付き)

その他 :先着30名様に豪華プレゼント差し上げます。

−−−プログラムーーー
19:00オープン

第一部ポエムナイト
19:20スタート
19:25〜19:40ピアノ伴奏による詩の朗読
19:45〜19:55フォーク&手話『ザ・スワン・バンド』
※ろうの方に手話で歌って頂く“体で感じて手で歌う歌を眼で聴こう”のコーナー
20:05〜20:30フォークトリオ『あるけーwithJOKKI!』
20:40〜21:05第一部トリ、シンガーソングライター『多幸詩』

21:05〜21:20休憩

第二部ビートナイト
21:20〜21:45ジャズトリオ『ハンカチおジン』
21:55〜22:20第二部トリ、ロック『美浜カーニバルボーイズwithレモン』
22:25エンド

−−−会場詳細ーーー
★Music cafe 92
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
043-202-5592
※千葉銀座通りの県庁よりでauショップの3階です。

以上です。【舩後】
posted by YF at 20:45 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月16日

短歌のお休み

来週、立正大学で講演を致しますので、準備のため今週と来週は短歌をお休みさせて頂きます。どうか、お許し下さい。
【舩後】
posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月19日

お知らせ

今週分に限り、ある事情から掲載をお休み致します。それでも配信は致しますので、ご希望のかたは下記アドレスまでご要請下さいませ。お手数をおかけします。【舩後】

舩後 靖彦(ふなご やすひこ)メール⇒
funa@mtd.biglobe.ne.jp
(迷惑メール防止のため全角にしています。半角になおして下さい。)
posted by YF at 22:01 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月31日

地域新聞記事(3月30日)

 3月9日(金)、東金文化会館でとてつもなく大きなフォーラムが開催された。

 このフォーラムは鑓田敏光氏(東金育成会会長)と江戸恒氏(兎月代表)とが発起人となり、少子高齢化・教育・障がい者問題等の直面する『自立支援』をテーマとし、これらを個々の問題とせず地域全体の問題として捉え対応して行こうとの呼びかを、1月に発案し2月に出演依頼をし、3月に実施したというもの。

 出演者は、基調講演に筋萎縮側索硬化症と戦う舩後靖彦氏と、俳優でもあり千葉県知事選にも出馬したことのある森田健作氏。コンサート部門では、流麗なピアノのひときわ心を惹くeasy-going。ボーカルの美しいMOKA。漫才コンビのパックン・マックンは、NHKなどの福祉番組にも積極的に取り組んでいるというタレント。そしてパネルディスカッションでは、国会議員の長浜ひろゆき氏、知的障がい者更生施設『月見野園』の理事長山崎徹氏、障がい者を積極的に事業参加させている『ピークカム』常務谷口さち子氏、そしてパックン・マックンの二人も含めてのパネラーから、コーディネート役の江戸恒氏は、様々な事象・提言を引き出していた。また会場からは舩後靖彦氏も参加し、それぞれの立場と体験から、現状を正しく認識することの必要性と、何が必要であり何をすべきかの『自立支援』の重要性に関する意見が、多彩なパネラーならではの多岐にわたるかたちで交叉していた。

 しかし、このフォーラムでいちばん印象的だったのは、意思伝達パソコン『伝の心』を使っての舩後靖彦氏の講演だったように思う。

 舩後氏は、2000年5月にALS(筋萎縮側索硬化症)と診断され、やがて人口呼吸器をつけ、胃に通した管から栄養をとり、今わずかながらくところは右足親指と額のシワだけ。病名宣告を受けたときのショックから生きる目標を掴むまでを克明に語ったのである。それが同病者へのピアサポート(メンタルサポート)と「人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイできる」との信念のもとに、現在では、講演活動と4つのバンドへの作詞提供というライブ活動にまで発展している。淡々としかもユーモアを交えての語り口調は、人生を達観した聖者の感すら伺えた。舩後氏は「病気になったおかげでよき仲間(パートナー)を得た」と。これこそ人間としての在り様であり、自立支援の姿ではないだろうか。

 次回のフォーラムが期待される。
posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月16日

テレビ番組のご案内です。

いつも、お世話になります。舩後です。撮影監督のメッセージで、ご案内申し上げます。
【舩後】

「命ある限り、 精一杯生きる」
2007年3月25日(日) 21時 〜 23時
BSジャパンにて放送

 力強く生きる3人の障害者のオムニバス番組です。
 そのうちの一人、ALSという難病で全身麻痺になりながらも、短歌やエッセイを綴り、生きる喜びを伝えたいと全国を飛び回る舩後靖彦さん(49)を描いた「壮絶!魂の詩人 行動するALS・舩後靖彦」を制作しました。是非ご覧ください(22時13分頃から)。

桜映画社(原村政樹)
posted by YF at 05:58 | コメント(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月22日

1/27もし宜しければお出で下さいませ。

【1/27土曜日『あるけー』が、多幸詩DEナイト!のライブに参加致します】

★スケジュール
●1/27土曜日
19:00オープン

第一部
19:30芝居「ベンチ4」

休憩

第二部
20:45ゲストコーナーand多幸詩ライブ
※『あるけー』は20:45〜21:00で3曲演奏致します。
22:00終了予定

★会場
Music cafe 92
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
043-202-5592

【舩後】
posted by YF at 14:32 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月16日

山梨ALS協会での様子のニュース

posted by YF at 23:25 | コメント(1) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。