2008年05月26日

舩後流短歌

面の下悪しき臭さでむせるほど まあよい其の業子孫悟らす


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
面構えにじみ出てくる臭い有り
      ハーブかクソか他者が伝えり
名をなすは強烈臭のスカンクス
      嗅いて忘失追従ふらり
日々の業積年なりてDNAなり
      百万年より今につながる
Posted by 風流 丸 at 2008年06月07日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。