2008年04月17日

052〜053/『新舩後流短歌』 タイトル/印度U

ムンバイの沖にて眠る遺跡みて千年まえのこの血いた気に

喧騒のムンバイ逃げてみた海の国と変わらぬみなもに一粒


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
ガチャガチャと動くムンバイ躍動の
        兆しも見えずなぜに大国
インド門仰ぎつ過去に巡りきし
      史実を浮かべ白帆眺める
Posted by 風流 丸 at 2008年04月22日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。