2008年04月13日

042/『新舩後流短歌』

渡り鳥無限の航路目もくれず決めた道ゆくきみにてをふる


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
夕闇の峰に消えゆく渡り鳥
       はるか目指してひとすじに飛ぶ
ひと筋に歩みし道を振り返り
       空を見上げて渡り鳥見る 
Posted by 風流 丸 at 2008年04月22日 08:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。