2008年03月30日

028/『新舩後流短歌』

きがつけば頬に一滴生きざまをあざやかみせた桜死すを見


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
浮かび来る生きざま思い一滴の
       頬に流れし桜花びら
     
       
Posted by 風流 丸 at 2008年05月15日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。