2008年03月10日

舩後でございます。/今週も宜しくお願いします。

先週の配信をお読みになられた数多くの皆様より、あたたかきご声援を頂けましたこと、心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

ご安心下さいませ。私は落ち込んだりなどしておりません。いやいや正直、メールが打てない日の分、いつもにまして忙しく立ち回っておりました。落ち込む間もないほどに。

こんな私ではございますが、今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。【舩後】


posted by YF at 19:30 | コメント(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
冬は終った 凍てつく風も遠い思い出
懐かし厳ししみ込む冷えもどこえやら
バリバリと割れた氷の思い出も
溶けて流れて春の訪れ
鳥のさえずりこだまして
なんだか陽気なあげ気分
足下の草も青々と色づき始めて春支度
ちっちゃな花をつけました
さあさみんなで唄いましょう春の喜び
唄いましょう。
Posted by 風流 丸 at 2008年03月12日 08:06
難病「ALS」の進行を抑制 東北大がラットで確認

運動神経が死んで全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、筋委縮性側索硬化症(ALS)に
なったラットの脊髄(せきずい)に、神経細胞を増やす働きがある物質を投与し病気の進行を
抑える実験に、青木正志東北大講師(神経内科)らの研究チームが13日までに成功した。
名古屋市で開催の日本再生医療学会で14日、発表する。

サルの実験でも同様の効果が出始めており、引き続き効果と安全性が確認されれば、
少数の患者を対象にした臨床試験を来春にも始める計画。

チームは、神経を含む多様な細胞を増やす働きがある肝細胞増殖因子(HGF)という物質の
働きで、脊髄の細胞死を抑制したり、神経のもとになる「前駆細胞」が神経に成長するのを
促進するのではないかとみている。

産経ニュース 2008.3.13 08:52
Posted by 風流 丸 at 2008年03月14日 01:45
桜花爛漫の日々である。川沿い数`に及ぶ桜花の咲き誇りは盛観である。強い風に枝も揺れ動いているのに散らぬ花の強さから受ける若花(わかばな)に思いを馳せる。見とれているとすっと垂直に落ちてゆく紅く小さな軸に気がついた。花びらは風に沿い舞い降りてゆくのにそれは重力を思いおこさせるようにすっと落ちてゆく。なぜか不思議を感じた。

音もなく落ちる桜の重き意に思いめぐらせ揺れる枝振り
Posted by 風流 丸 at 2008年04月03日 01:43
昨日10日は大荒れのお天気で風雨強く春の嵐だった。今日一転風無く青空が拡がっている。Gセブンで論議されたサブプライム問題を含む波乱の世界経済の様なお天気だ。

うちくだく風にも負けじ山桜
      紅一点と放つ山肌
Posted by 風流 丸 at 2008年04月11日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。