2007年12月22日

日々の雑感シリーズ319

暖炉さえきかぬいてつく冬の夜もきみをおもえば心に春舞い

雑感:なんてことは高校の時から思ったことなど無い!と言う事に皆様して頂けませんでしょうか?本当は思ってたです。


posted by YF at 00:00 | コメント(4) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント

 人は皆、春舞う気持ち、そのままに、
      持ち続けるよ、決して失せず。


 春に舞う、旅のはじめの、憧れに
   それは似ている、消えることなく
  
   
Posted by ようねえ at 2008年01月02日 19:01
いてつきもやがては消えぬ春調べ
     誘いの舞いに誘われ来るや
持続する支えの術(すべ)を何処(いずこ)にか
    求め続けて今になお夢
【よ】りそいて
【う】たいたき歌
【ネ】ット界
【え】んせい遙か高らかに鳴る
Posted by 風流 丸 at 2008年01月09日 07:32
「えんせい」って、どんな字でしょう?
 遠声?縁星? 縁? 円(和)?
  其々の人にそれぞれの、え・ん・せ・い。

旧姓・春成でした。ジャンジャン♪
Posted by ようねえ。 at 2008年01月10日 21:42
【遠征】でした。
春まじか願望かけて新たなる
      創造向かい成るや今にも
ジャンジャンと湧き出る力限りなく
      駿馬の如き疾風波乱
ようねえの若かりしとき春成と
      授けられしの光るひと筋
Posted by 風流 丸 at 2008年02月18日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。