2007年12月16日

日々の雑感シリーズ313

木枯らしがふけばふくほどきみのほほ熟れたみとなり辺り春とす

雑感:高校時代となりのクラスに紅いほっぺの美少女がいた。春が恋しくなる頃何故か彼女を思い出す。何故だろう何故?


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
ほんとに、なぜだろう?
なぜ?と考えた挙句、
私は、エネルギー保存の法則と、秘かに思っていました。
中学で習ったでしょ?!。エネルギーは形をかえいつまでもなくならないって。
人を思うエネルギーも形をかえいつまでも心の中に、あるんだなって、思ったよ。

Posted by ようねえ at 2008年01月02日 18:52
海鳴きて凍える空気身をきざむ
     吹き荒れる雪浮かぶほお紅
【よ】しとする
【う】ちゅうの謎の
【ね】つエネルギー
【え】いきゅう不滅人の心も
Posted by 風流 丸 at 2008年01月09日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。