2007年11月11日

日々の雑感シリーズ278

草原をたびするものになりたいな象か牛でも歩けりゃいいよ

雑感:寝たきりとなり初めて動ける事が、おしとなり歌える事が、弱視となり見える事が尊く思えた。昔は判らなかった。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
不自由なる人の心はいつにても
     不足感じてどつぼにはまる
痛み無く今を過ごせるありがたみ
     深く感じてふんわり歩む
闘志立て歩けなくとも歩けるを
     知ったときにはすでに仙人
面壁に八年座すと達磨なり
     舩後万年壁を見つめや  
Posted by 風流 丸 at 2007年11月20日 06:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。