2007年10月27日

我々の哀歌

障害者隅の隅ゆきタバコ吸い われらの立場静かにしめす

鬼ナースわれらにゃドスをきかせても 上司の前じゃソプラノきかす
(※かなり前に見た話しです。)

寝たきりの我らみおろし苛めする君の醜さじまんなのかな

麻痺の身で僕逃げられぬ だから君 いじめにきなよな泣いてあげるよ


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
不自由を楽しみてこそ自由なれ
     と言う人こそ不自由な心
Posted by 風流 丸 at 2007年10月29日 18:30
煙害を受けて流せるやさしさも
      知られず過ぎる暖かき日々
鬼退治いつ現われる金太郎
      夢うつつにて幸せなとき
憎たらしふりまく人も懐かしや
      強烈個性今にうらやむ
いじめたき好きでたまらん人ゆえに
      いじめと愛と表裏一体 
Posted by 風流 丸 at 2007年10月31日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。