2007年10月26日

日々の雑感シリーズ262

明け方のテレビの雨で飛び起きて歩けもせぬのに秋晴れ祈る

雑感:雨好きの私が晴れを祈るのはあまりにも感情を顕わにする人を憂いての事だ。青空のように広い心を持って欲しい。


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
雨よ降れもっと降れよしああ永久に
       喜び濡れて詩詠うひと
Posted by 風流 丸 at 2007年10月29日 21:27
今日の空大気透明どこまでも
    澄みわたりたり永久の御空に
・・・・青空のように澄んだ心でいてほしい・・
別荘の水回りの排水溝の整備をした。
排水溝を設置するための穴掘りで汗だくになった。背筋を伸ばして見上げた秋の青空はどこまでも澄んで汚れない。汗ばんだほおに吹き寄せるそよ風は値千金。ほれぼれとする秋。
Posted by 風流 丸 at 2007年10月31日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。