2007年10月21日

日々の雑感シリーズ257

胸張りて父が作りしお好み焼き こげも旨味と底無しに喰え

雑感:子供の頃稀に父がお好み焼きを作ってくれた。大正男らしく喋らず。味はよくなかったが焼く姿がカッコよかった。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
連れられて心ときめく晩餐に
      思いおこせば早幾とせや
Posted by 風流 丸 at 2007年10月29日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。