2007年10月16日

日々の雑感シリーズ252

通(とお)りより一歩入れば知らぬ園 それ見ずにして逝くを好まず

雑感:だが寝たきりでは外など出られない。故それに代る好奇心を満たす旅としてある語学を始めた。今毎日が宝探しだ!


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
心の持ちようによって人は変わる。しかしその前に、心に影響を与える環境の作用の重要性を知るべし。人の心は環境により造られる。ウサギ小屋と揶揄される庶民の密集家屋(マンションを含む)に起居していては、たくましさなどたかが知れている。誤解しないでいただきたい。掘っ立て小屋を駄目だといっているのではない。荒野を切り開いてきたたくましい先人は掘っ立て小屋からの出発だ。密集が良くないのである。チマチマになるからだ。広々とした荒野に出でよ!!!自然を友とすべし。そこから人の輪に入るべし。
私の家系は鎌倉時代からの由緒ある系図と血統書付きの純日本人である。しかし、今のちまちました浅ましい日本人は大嫌いである。のさばっているのは浅ましき小人達である。こざかしき者が闊歩する時代だ。「語学を宝とする人」を大切にする高度な文化国家になることを祈る。

大通り賑やかすぎて失うは
        人の情緒の悲しみ深し
         
Posted by 風流 丸 at 2007年10月21日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。