2007年10月03日

日々の雑感シリーズ239

秋寒く欲す温もりあの恋か 燻ぶる炎また燃やす夜半(よわ)

雑感:恋多き人はこんなことを思いながら秋の夜を過ごすのか?恋を知らず半世紀も来てしまった。と、妻子の手前書く。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
恋などは若き輩(やから)の花なれど
    やがて枯れ果てドライフラワー
恋などは若さと共に捨て去りて
    愛に目覚めてさらに愛(いと)しく
温もりを望みて磨く者こそは
    恋を離れて慈愛の道に
燃えあがる恋の炎よ愛を生め
    何にもまして暖かきなり
Posted by 風流 丸 at 2007年10月11日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。