2007年08月30日

日々の雑感シリーズ205

夢土に注ぎて固め基礎とせん 命と夢が繁ゆく街の

雑感:特定の方におだしたものだ。出来を見るとどうやらまたスランプらしい。でもあがけばあがくほど泥沼に!あぁ〜!


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
泥沼に喜びて咲く蓮の花
      釈尊浮かび高く見上げる
スランプもトランプ遊び似ていたり
        運に任せてサラリ候
托鉢の僧になりたや愚鈍の身
        風雪さらしなんぞなれるや
今日明日も変わらぬならば永久(とこしえ)に
        変わらねば良しがなり難き
Posted by 風流 丸 at 2007年09月04日 20:58
一瞬に茜に燃え上がる雲海が燃え尽きて朽ちた黒い雲と妖しくも絡み合いながら西の空を蔽っている。なんと神々しく燃えあがった夕日けだろう。
この夕焼けのように圧倒する作品ができたならおもいのこすこともないのに・・・・・。

「美しき自然に勝る何ありや
      心あるものここにひたすら」
Posted by 風流 丸 at 2007年09月05日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。