2007年08月17日

日々の雑感シリーズ192

我が休暇風呂でまどろむ五秒間 患者のレジャー湯での舟漕ぎ

雑感:やることが沢山あると休む気などしない。妻子の帰国日も忘れていた。突然イルカに乗った娘の写真が来て今日!?


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
湯船はやすらぎだ。特に長旅の湯は値打ちがある。北海道での早朝の温泉湯は素朴で今の時代に得難い貴重な秘湯だった。秘湯に魅せられた人達が自然発生の世話人となって全国から集まって自発的に管理している。入湯は無料で自由だ。今の日本にもこんなところがあったのだ。
「人知れぬ湯煙立ちて臭いたる秘湯にゆだねて 
             朝霧薫る」
「心地よき肌に優しき温もりの湯船に浮かび
           春の日思う」
Posted by 風流 丸 at 2007年08月21日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。