2007年06月09日

友への感謝/2000年12月を詠う

友杖に夜道歩けどかじかまず 彼の心の 暖かき灯で

冬俺の散歩手伝う友に礼 照れて遠くから風に乗せ言う

運転の介護の友が妻ならと スマンが想うたまの外出


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
浮かびくる面影慕いほのぼのと
       なぜか優しき風に包まれ
Posted by 風流 丸 at 2007年06月11日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。