2007年06月02日

クリスマスイブ/2000年イブを詠う

麻痺辛く外(そと)出ずギフトも買えぬば 帰った子の目見れぬイブの夜

麻痺消すが夢でも不治ぞ せめてイブ 麻痺無き夢を見たいよサンタ!


posted by YF at 00:00 | コメント(2) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
幸(さち)のせてサンタくるくる廻り来て
        くるりと向いて笑みを送りぬ
サタン落ち麻痺消えさりて夢心地
        これぞ正夢今夜来るなり
病(やまい)見る医学の進歩光速だ
        案ずるよりも生むが易しで
超えましょう痛み痒みやなんでもを
       天井つきぬき宇源(うげん)到達
☆「宇源」造語で宇宙の中心の意:
Posted by 風流 丸 at 2007年06月03日 17:49
忘れるなドンと一発桜島
     吹き飛べ浚(さら)え麻痺の病根
☆どんなやまいもいやなものだ。桜島さんよ。
 どうせドンと爆発するならその凄まじい破壊力で巣くっている病根を一掃してくれたらどうなんだ。災害も忘れた頃にやってくるという。同様にあきらめてあきらめてあきらめきって自然と同化して仙人心境になった頃に奇跡があらわれ病根がなくなり健常者へ回帰させてくれればこんな嬉しいことは無い。その様にねがいつつドンとの音を聞こう。
Posted by 風流 丸 at 2007年06月06日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。