2007年05月24日

夏に思う/2000年08月を詠う

陽(ひ)に向きて凛々しく立ちぬ向日葵に生まれる夢を見るを夢とす

終戦記念日に涙 散った兵らの悔しさを死病で知り得

生きられる職無き民も日本なら 夏より熱き感謝燃え立つ


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
ヒマワリにゴッホ浮かびてそのタッチ
        舩後激しさオーバーラップ

誰がため犬死にさせし兵士等を
     頭(こうべ)垂れるで何が変わりぬ
亡き兵士誠知るなら何語る
     今こそ出でて導き給う
Posted by 風流 丸 at 2007年05月27日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。