2007年05月20日

難病専門医へと/2000年06月を詠う

「治らん」と医師サラリだが意味重し 麻痺し死す意味 汗が床打つ

医師言った「不治」だけ聞こえ“不治不治”と 骨砕くほど脳中駈けん

治癒の道無きと自覚しもういいと 歩き来たのに帰路車椅子


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
医学伸び不治も治癒する記録見て
      今に未来はきみの掌(て)にあり
Posted by 風流 丸 at 2007年05月27日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。