2007年05月13日

死すと母に/2000年06月を詠う

逝くことを母へ告げればその眼には 降れば止まぬ涙の雨浮き

母に先立つ詫び言えば 老いた肩 震わせ駄目と無言の拒否す

生きてと言う母を無視す親不孝 三途の川も渡れぬ罪ぞ


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
此の三句は、 じっくり表題【....2000年06月を詠う】を見据えて
最後の三句までを 味わうことが出来ました。

セッカチ(私)も、いい加減に熟読を学習しなきゃ〜 ですわねぇ〜
Posted by 和 at 2007年05月17日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。