2007年05月07日

新人

ひとかどになると誓いし春四月 悲しや五月成り難しを知る

慣れぬジョブ疲れスーツで寝る日あり 未来暗示か酷なる日々の

ストレスで皺が眉間に なるほどぞリーマンエステ行かざるを得ず!

世は厳し四十(しじゅう)度熱出ジョブ休む 出たら「這っても出ろだらしねえ!」


posted by YF at 20:38 | コメント(6) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
え? ... 新人って、どなたの事?
...ジョブ? ...スーツ(背広の事かしら)? ...リーマンエステ?
(理解に時間の要る私,恥ずかしいわぁ〜) 出直して参りますぅ (汗)
Posted by 和 at 2007年05月08日 00:16
ジョブ=仕事、リーマン=サラリーマン、エステ=エステティックサロンです。わかり難くてご免なさい。下記頃の私を短歌に致しました。

1982/04.24才⇒酒田時計貿易(時計・ダイヤ・宝飾品輸入大卸業)営業部(時計販売)入社
Posted by ふ at 2007年05月08日 10:55
スミマセン! 耄碌婆殿 ⇔ ワタクシめ,の事((^o^))
『Job』って、咄嗟に “ボクシング?” を想像してしまいました
ボクシングファンでもないのに!^^

戦中派 = 特に横文字に疎いんです(私)。
学生時代の古い辞書が手離せなくって、ボロボロです。
(学徒動員を之幸いと不勉強でした)

【酒田貿易! 営業力・年商六億!】今,頷かされてます。
Posted by 和 at 2007年05月08日 14:15
金融の いびつになりし 今の世は
      人の道から はるか遠のく
いにしえの 岐路になりたる 発明は
        貨幣の知恵に 潜む悪弊
商いは 士農工商 最下位と
     なにゆえなりと  思う間も無く
命令に 思考のゆとり なかりせば
      やがてゆきつく 精神焦土
懐かしむ 新世界生 あの頃の
      苦しきことも 今は楽しき

     
        
Posted by 風流 丸 at 2007年05月09日 15:05
さみだれに 桜木青葉 目にしみて
       散りし花びら 今浮かべたり
Posted by 風流 丸 at 2007年05月10日 21:14
この季節
新しいスーツに身を包んだ若者を見かけます。
初めて社会に出た一ヵ月後
私も高熱を出して休み
嫌味を言われたこともありました。
あの頃の初々しさが懐かしい。
ン年経った今
『初心を忘れちゃいかん!』と
短歌を詠んで思い直したのでした。
なるほど…
今や『リーマンエステ』が流行っているから
奥様も忙しいのですね!?

Posted by 海 at 2007年05月14日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。