2007年04月28日

日々の雑感シリーズ083

夕立来(き)母が帰れず雨宿り 雷鳴恐(こわ)しされど嬉しき

雑感:雨雨降れ降れと唄いながら雨の中母と手をつなぎ歩いた日を懐かしみながら、私の部屋で雨宿りする母を見て詠う。


posted by YF at 00:00 | コメント(6) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
あらァ!?  4/21〜26 迄の書き込み(私)が消えちゃってる。 
(アタシったら,亦,ヘマしちゃったかしら!?)
Posted by 和 at 2007年04月29日 18:10
こんがらがっちゃって ---
出直して参ります。 (アタマ! ポリポリ!!)
Posted by 和 at 2007年04月29日 18:12
> ----- 私の部屋で雨宿りする母を見て --

[お母さま] ⇔ 羨ましくて、余計ワタクシめ,の頭が
コンガラガッチャッタのかも! ?(ーε ー)?
Posted by 和 at 2007年04月30日 00:16
♪あめあめふれふれ かあさんが〜♪
舩後さんのベッドがタイムマシーンに変身!
幼き頃にみた母の背中が今は小さく見えて…。
同じ時を過ごせるうれしさと
あの頃より歳をとった母を思う気持ちとが
入り混じった素敵な一句でした。
Posted by 海 at 2007年04月30日 09:18
仰ぎ見て 偲んでこその 母さんに
      いくつになりても  思いこそあれ
Posted by 風流 丸 at 2007年05月01日 13:32
母さんと 声する響き こだまして
      幾重にも舞う 哀惜の里
Posted by 風流 丸 at 2007年05月01日 13:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。