2007年01月29日

死への一考

老衰で死すが本望人ならば 悔しく涙病で逝くを

「地獄来い」死神寄りて言う せめて 死後は天へとすがる憐れさ


posted by YF at 09:51 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。