2006年09月08日

入院記 看護

感謝すも慣れぬナースの看護で黄泉ぞ 動悸耐え生きてきたのに

即あの世!慣れぬナースの看護ぞ怖し ベテラン来この世留まれ

頻脈も癒えて 我が帆を上げ行けど 地獄看護の海に沈没


posted by YF at 07:00 | コメント(1) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
食欲の秋!?
CMに起用されていたサンマの季節がやってまいりました。実りの秋…。たくさんの歌詞や短歌が舩後さんのホームページに実のっていました。
秋はなぜ、ものがなしくなるのでしょう?不思議ですね。『夏去り秋来』はそんな感傷に浸りたくなる秋色の歌でした。
それにしても入院中にコワイ思いをしましたね。夏の夜の怪談よりも夏の夜の看護の方が背筋ヒヤッとしそうです!?
Posted by 海 at 2006年09月19日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。