2006年08月10日

言葉

言葉投げボールの如く打たれれば 投げがいありて永遠投ず

言葉来て蚊のごと無視をしたならば ご縁己で掻きむしるの似

メールとは口無き者の言葉なり 画面の字ですデートぞ楽し
※口無き者=話すのが困難な障害者


posted by YF at 10:15 | コメント(0) | TrackBack(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。