2011年08月12日

舩後流「俳句」

俳句:鬼百合や峙(そばだ)つコロナ山に立ち
メモ:おに‐ゆり【鬼百合】夏、紫色の斑点のある黄赤色の花が咲く。と、辞書にはありますが、画像を見ますとまるで炎です。花言葉⇒荘厳。峙つ⇒そびえたつ。コロナ⇒皆既日食の際、黒い太陽の周りを取り巻く真珠色に淡く輝く部分。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。