2011年08月06日

舩後流短歌

水籠(みこ)もるも瀬音無き河紅蓮(ぐれん)也 炭累々(るいるい)と路傍を飾る
メモ:意訳:水にあろうが、せせらぎ消えた河は火と血の地獄。焼かれた尸(=死体)が道埋め尽くす。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。