2011年04月18日

舩後流短歌

やすみしし(※知れ渡れ)焦土のごとき奥なれど智解(ちげ)そ郡山(むらやま)蜜垂る(しだる)日来(き)
意訳:知れ渡れ、今は焼き尽くされたような東北だけど、山とある智恵でいつか蜜が溢れる事を。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。