2011年04月02日

舩後流短歌

一と一(いちといち)対(つい)の箸ある幸せも奥の涙を知るたびに褪(あ)せ
メモ:一と一⇒(三月)十一日。対の箸ある⇒夫婦共に生きている。奥⇒陸奥国(むつのくに=東北地方)。判り難い最低の短歌です!


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。