2011年01月02日

舩後流短歌

憶え無き一二三(ひふみ)の筈の初夢に 色付け筋書く初春(はつはる)の酔い

メモ:一二三(ひふみ)につきましては、一富士二鷹三茄子とご解釈下さいましたなら幸いです。


posted by YF at 00:00 | コメント(3) | 短歌
この記事へのコメント
よみがえる舩後青年初春に門松並ぶ初夢旅路
Posted by 風流丸 at 2011年01月08日 07:08
ひーふーみいと 数え始めて 気になるね 時が流れて早やきさらぎだ 
Posted by 風流丸 at 2011年02月09日 15:11
いい夢に酔いしれ過ごし心地よく眠りも覚めずいること願う
Posted by 風流丸 at 2011年02月16日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。