2010年11月07日

舩後流短歌

語り部になれぬ身ぞゆえ書き走る 命の果ての真(まこと)知らむと

メモ:語り部=語り手。人は現世でやり続けて来たものを“満足”として、旅立ちたいと思うと私は考えています。


posted by YF at 00:00 | コメント(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。