2010年10月10日

舩後流短歌

見つづける紫光のタワーなきながら 夜空に浮かぶあれはきみだと

メモ:友人からメールして貰いました、紫に光る夜の東京タワーの写真からイメージした物語を、そのまま詠いました。


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
贈られしタワーの光はるかにも届きて放つ友情の灯よ
Posted by 風流 丸 at 2010年10月11日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。