2010年09月18日

舩後流短歌

彦根山波音きこゆその麓 せめてそこまで命あるうち

メモ:友人がメールしてくれました、アングルに魅力ある彦根神社の写真と辞書から得た知識を組み合わせて詠いました。全くの想像にて、お気をつけあそばせ!


posted by YF at 00:00 | コメント(1) | 短歌
この記事へのコメント
まばゆくて彦根城郭絢爛と今にそびえる栄華の証
Posted by 風流 丸 at 2010年09月22日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。